【ガンプラ】HG1/144 08版 陸ジム 改修編 スジ彫り~塗装~完成 ビルダー活動 他




2022年

遅ればせながら

新年もよろしくお願いいたします。

2022年最初の今回は

08版 陸戦型ジムの完成までと

年末年始のビルダー活動についてです。

それではさっそくいってみましょう。

陸ジム 22回 部分塗装

昨年末

塗装まで終了した。

08版陸ジム

振り返りはこちらからどうぞ。

08版陸ジム改修編その1

その2

その3

その4

残りの作業は部分塗装や補修です。

バーニアや手首などはジャンクパーツから

該当するものを発掘しました。

カメラアイをメタリックグリーン。

手甲やマシンガンの弾倉をセールカラー。

握り手とマシンガンは無塗装です。

バーニアはシルバー。

部分塗装はすべて筆塗りです。

では無塗装の機体とならべてみましょう。

いい感じです。

いつもですとここで満足して

トップコートをふいて

終わりのところですが

もうひと手間かけてみようと

いうことでシールをはって

ディティールアップをします。

23回 シールはり

シールはあまりものを使用です。

イージーエイトをはじめとした

連邦地上軍機の付属シールから流用。

ガンダムNT-1のものもつかいました。

オレンジのラインは

ヘビーガンダム付属の使用済の枠を

つかいました。

24回 完成

トップコートをふいて完成です。

再び未塗装機体とならべてみましょう。

同じキットとは思えない凛々しさ。

はじめてスジ彫りに挑戦して

途中

テンションが下がったときもありましたが

思った以上に格好よく仕上がりました。

興味はあるけどうまくできるかが

心配な方がいましたら

大丈夫です。

意外といい感じにできます。

ぜひ挑戦してみて下さい。

第二弾は陸ガン

完成した陸ジムは

次回のMyUC

バトル編から実戦投入します。

そして第二弾は陸ジムとおなじく

08版の陸戦型ガンダムをスジ彫りします。

第二弾ということであらたに挑戦することは

巷で話題だった自作ツールで

段落ちモールドに挑戦します。

近日スタートの陸ガン編もお楽しみに。

ヘビーガンダム

完成が年を越すことになった

ヘビーガンダム。

陸ジムと並行作業の影響と

六機目になるこの機体では

シールをはる傾向があり

正月期間のビルダー活動で

作業をおこないました。

MyUC 連邦中央軍仕様

ヘビーガンダム

完成です。

2022年MyUC連邦編の最初に

紹介予定です。

カラーや僚機の紹介はそのときに。

こちらもご期待下さい。

MyUC航空部

今後のMyUC編でのアクセントとして。

ビルダー活動拡大の一環として

連邦からコアファイター系。

ジオンからドダイ。

両軍各機からなる

MyUC航空部を設立しました。

黒歴史から発掘した航空部の

汚れを落とすべく

洗浄開始。

完成済の各機をエアブラシ塗装するのは

難しそうなので筆塗りの塗装になります。

そこで黒歴史の奥深くに封印していた

アクリジョンカラーを発掘しました。

下地塗装に使用予定です。

リベンジなるかといったところでしょうか。

ザク F2 S型

年末年始に製作していたのが

ザクのF2とS型です。

S型というか

リヴァイヴ版のシャアザクですね。

MyUCのオリジナルな配色にしてしまうので

S型と呼びます。

S型は塗装からすみ入れまで。

F2はすみ入れ前まで終わりました。

二機とも完成間近です。

MyUC予告

MyUC(私の宇宙世紀)

2022年はジオン編からスタートです。

機体は

ジオン 東欧方面軍 グフです。

イフリートナハト

ジオン 東欧方面軍イフリート

ザクⅠ

ジオン 東欧方面軍 ザクⅠ

ザクⅠ バトル編

忍び風の上下関係の二機と

どのような関係で小隊を組むグフになるか

ヒートロッド要素多めのアクションも

お楽しみに。

今年も

昨年後半からブログ活動を継続させるため

ややビルダー活動をおさえていたので

今年は積極的にビルダー活動を

おこなっていきます。

今年も

みなさんのガンプラ製作や

カラーリング。

撮影の参考になれば嬉しいです。

今回もありがとうございました。

今年もよろしくお願いいたします。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。