【ガンプラ】HG 1/144 ザクⅡF2型 MyUC アジア方面軍仕様




二月の新部隊二機目

二月に新設しました。

MyUC(私の宇宙世紀)

ジオン アジア方面軍。

第一小隊から

デザートザクに続いて

アジア方面軍 デザートザク 紹介編

ザクⅡF2型を紹介します。

ざっくり解説

ざっくりと正史での解説です。

機動戦士ガンダム0083に

登場する機体です。

ザクF型。

いわゆる

量産型ザクの後期生産型として。

一年戦争中の実働データを反映して

性能向上が図られ

開発された機体です。

さらに統合整備計画を経て

新兵や学徒兵でもできる簡易な操縦性。

無改造で様々な戦局に実戦投入できる

適応性をもっていながら

一年戦争時には

ジオン軍の兵站の混乱から

一部の戦場でしか

配備されませんでした。

ところがある意味在庫として

残った相当数の機体群が

ジオン公国残党軍や

接収した連邦軍の手に渡り

UC0083のデラーズ紛争で

公国残党軍デラーズフリートと

地球連邦軍の双方で活躍した

機体が

このザクⅡF2型です。

カラーリング

配色はデザートザクとおなじく

グリーン。

ココアブラウン。

シルバーの三色をつかって

塗装しました。

型番については

デザートザクの紹介編にて

記載しております。

製作時期は

大陸制圧軍のザクⅡS型とおなじく

年末年始でした。

大陸制圧軍 ザクⅡS型 紹介編

ガンプラの入手が難しい昨今

縁あって購入する機会が何度かあり

あとひとつキットがあるので

それは大陸制圧軍に編成の予定です。

ザクマシンガン

MyUC(私の宇宙世紀)を

はじめてから

ジオン軍のモビルスーツに

ザクマシンガンを

両手でかまえさせました。

欧州方面軍のドムや

同部隊のデザートザク。

欧州方面軍 第一小隊 デザートザク

欧州方面軍 第二小隊 ドム

アフリカ方面軍のデザートザクや

アフリカ方面軍 デザートザク

東欧方面軍のザクⅠ。

東欧方面軍 ザクⅠ紹介編

東欧方面軍 ザクⅠバトル編

MyUCではバトル編に

登場しています。

08版のザクJ型。

ザクⅡS型 バトル編

さらに初期版のザクⅠ。

ORIGIN版から

ザクⅡC型

ヘビーガンダム バトル編

ガンダム4&5号機 バトル編

そして大陸制圧軍 ザクⅡS型

08版と初期型のザクⅠ

ドムを別として

F2型と

最新のS型(シャア専用ザク)の間が

十年あって

そのなかにデザートザクや

ORIGIN版のザクⅠや

ザクⅡC型がはいるのですが

それらのキットとくらべても

勝るとも劣らない

カッコいい

ザクシリーズ史上屈指の

ザクマシンガン

両手かまえができるキットが

このザクⅡF2型なのです。

入手された暁には

ぜひポージングしていただきたいです。

MPマシンガン

F2型のもうひとつの主兵装。

MPマシンガンです。

一年戦争後期に

多用されたということで

リックドムⅡや

ゲルググマリーネなどの

キットにも付属して

ドムトローペン・サンドブラウン

付属のものはマガジン着脱タイプです。

アフリカ方面軍のドムトローペンは

ノーマル版なので付属はしていませんが

画像のように

しっかりもたせております。

アフリカ方面軍 ドムトローペン

同部隊のプロトタイプグフでも

MPマシンガンを二丁もたせています。

F2型にはザクマシンガン派なので

必然的にあまってしまい

別機体に装備可能な状態が生まれます。

アフリカ方面軍 プロトタイプグフ

重ねてF2型にはザクマシンガン派の

自分ではありますが

あらためて今回の紹介編用の撮影で

F2型にMPマシンガンもよいと

認識できました。

もちろん両手かまえでです。

三連装ミサイルポット

ザクⅡF型

HGUC初期版にも付属していた

脚部の三連ミサイルポット

直系の後期生産型ということで

F2型にも付属しています。

とりつけ方は

太腿上の股関節

接続部分をはずして

リング状のバンドパーツを通して

画像でいうシルバーとグリーンの

パーツを組んでとめます。

ここで注意なのですが

しっかり固定ではないので

動かすとズレます。

その際の塗装のはがれに

気をつけてください。

ヒートホーク

小隊を組むグフカスタムや

デザートザクと同様に

刃とケーブル部分をシルバーで

塗装しました。

このままアクションなどでも

つかう予定なので

ヒートというよりも

実体の刃や

イフリートナハトのように

コールド状の刃

コールドホークという

設定もありかもです。

東欧方面軍 イフリートナハト

アクション

「これよりデザートザクとの連携を

目的とした訓練をおこなう」

「対MS部隊を想定した訓練だ。

言っておくが」

「わかっている。敵のビームに掠ったら

終わりだろ」

「そんなドジは踏まねえ。

さっさとはじめろ。オヤジ」

「まったくどいつもこいつも」

「じゃぁはじめるぞ。

マゼラトップ砲をつかった

デザートザクによる攻撃のあと

F2型が突撃。敵陣を突き破れ」

「了解」

「マゼラトップ砲を発射。…直撃。

F2型いけ」

「了解した。

脚部三連装ミサイルポット」

「右から全弾発射」

「続いて左」

「隙をつくるな!」

「一気にいけだろ!?」

「わかってんだよ!」

「これだけじゃ」

「終わらねぇ」

「ぶっ飛び」

「やがれ!」

「それいくぞ!」

「これで」

「終わりだ!」

「そら!」

「どうだ!」

「まぁいいだろう」

「だがくれぐれも油断するなよ。

いいな」

「わかったよ」

あとがき

紹介編恒例になってきた

訓練の1コマ風アクションでした。

次のバトル編では訓練中同様に

デザートザクとの連携アクションで

構想を練っております。

バトル編もご期待ください。

武装紹介でふれませんでした。

ハンドグレネードも付属します。

腰にマウント状態で装備できます。

ブルタックなどをつかって

バトル編では使用予定です。

MyUC(私の宇宙世紀)

ジオン アジア方面軍仕様

ザクⅡF2型 紹介編

いかがでしたでしょうか?

みなさんのガンプラビルダー活動の

参考になれば嬉しいです。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。