【ガンプラ】HG 1/144 08版 陸戦型ジム 改修編 スジ彫り その1




発掘した陸戦型ジムを

11月第四週のビルダー活動にて

発掘した08版ジムスナイパーあらため

陸戦型ジム(陸ジム)。

この陸ジムに

ビルダー人生初のスジ彫りを

施します。

11月第四週のビルダー活動。

陸戦型ジム

発掘作業でみつけた陸ジムはじめ

陸戦型ガンダム(陸ガン)やザクJ型などの

08版キット。

陸ガンはパーツの紛失が激しいこと。

ザクの方は

大幅な改修の必要性があることから

キットのバランスと改修箇所の少なさから

スジ彫りに専念できる

陸ジムをえらびました。

まずは工具やサポートアイテムを

そろえるところから。

購入したのは以下の道具。

ガイドテープ。

定規のようにつかって

まっすぐ彫れるように

その名の通り

ガイドの役目をはたす

サポートアイテムです。

テープとしては少し固めです。

右端の道具はケガキ針。

こちらも名前のように

けがくように引っかいて

既存のラインをはっきりとさせる

工具です。

そして彫刻刀。

工具を購入しにいくまえに

動画などを視聴して

知識はいれていたのですが

いざ売り場にいくと

なかなか高価なものばかり。

高価で高性能なものは

初心者にはつかいこなせまい。

お手頃な価格でこれでよかろうと

購入したのがこの彫刻刀でした。

振り返ると

どうやらいきなり

上級者向けの工具を

みてしまっていたようです。

そして

このメインの工具の選択が

最初のつまづきにつながるのです。

一回目 左腕

左腕からスタート。

加減がわからないので

とりあえず深めに彫りました

ラインの設定はHG風に。

早くも大惨事の予感が

この様子をTwitterにアップしたところ

リプでアドバイスをいただきました。

「彫刻刀では綺麗な線にしづらいかと。

モールドを掘るなら

ラインチゼル

ダガネ

マイクロチゼルがおススメします」

……なるほど……。

そういえば高価な工具に

タガネとかいてありました。

ラインチゼルとマイクロチゼルは

タガネの値段に驚いて忘れていました。

さっそく在庫のあったマイクロチゼルを

注文。

今回の企画最大の危機を救ってくれた

アドバイスをくれた方に感謝です。

二回目 左腕上腕

マイクロチゼルを注文したものの

我慢弱いワタシは待ちきれず

手持ちの工具で二回目の作業。

ちなみに作業する際には

保護メガネと

パーツをおさえる手は軍手をしています。

三回目 左肩

マイクロチゼルのセットが到着しました。

会いたかった…。

会いたかったぞ!

マイクロチゼル!!

さっそく開封し

取り付けて実戦投入。

ガッチリ固定という感じでは

ないところに戸惑いましたが

彫れます。

彫れる!

ワタシにも彫れるぞ!

と士気もあがって左脚へ。

四回目 左脚部

HGUCを参考にかつ

練習もふくめて

直線を多くして彫ってみました。

長めのラインは

ガイドテープ

短い部分はマスキングテープを

ガイドにして彫っています。

ふくらはぎ横には

既存のラインがあったので

ガイドなしで彫った結果

ガタガタな感じになってしまったのは

反省ですね。

五回目 左太腿

ORIGINのジムシリーズも

意識して彫ってみました。

力みガチなので優しく優しくをモットーに。

長方形の形は

ガイドテープの幅にあわせています。

六回目 左足首

足の裏はグリップ風に。

プラ板をはった方がよかったか?

という脳内の声には

趣旨がちがうと作業続行。

既存のラインも彫って。

直線も彫りました。

七回目 右腕

左腕とくらべてみましょう。

右腕の方が整っている気はします。

もう少し彫ったほうが

いいような気もしますが

まずは先に進んでみます。

八回目へ続く

人生初のスジ彫り最初の一週間でした。

八回以降、作業を継続して

どれくらい上達するのか

自分も楽しみなところです。

経験者の先輩方は

初心者の頃を振り返りながら。

未経験の方々は準備の参考にして

気長に見守っていただけると幸いです。

みなさんのガンプラ製作の息抜きになれば

嬉しいです。

今回もありがとうございました。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。