【ガンプラ製作】【ガンプラ】HG 1/144 ガンダムmark-Ⅲ,バーザム(A.O.Z RE-BOOT ver) ,ガンダム(リヴァイヴ版)




最近のビルダー活動です。

いつも

ぶちちゃんねるAを訪問して下さり

ありがとうございます。

MyUCの過去作がメインで

新規製作の紹介が滞っていましたので

今回は最近の……

と、いっても10、11月のですが

完成したガンプラの製作の様子を

紹介します。

ガンダムmark-Ⅲ

まずはプレミアムバンダイから

発売されました

ガンダムmark-Ⅲから。

三機買い

小隊購入しまして

着到後すぐに製作した

一番機の後ろ

パーツ状態の方が今回製作した

二番機です。

所属はエウーゴ。

カラーリングは第一機動部隊の本体色

ベールグリーン

インディブルーに加えて

メタリックの青竹色。

イエローから

ゴールド+クリアイエロー。

シルバーをつかっています。

ゴールド部分は

他の色で塗装したあとに

部分塗装をします。

その際

マスキングテープはつかいません。

するとやはりミスが出て

はみ出た部分を修正の繰り返し。

三番機は横着せずにやろうかなと。

そして…。

横着した報いかやってきました。

仕上げのつや消しトップコートが

ふきつけ作業中

上記画像のパーツ

三点のまえで終了。

新品を投入。

なんと光沢でした。

乾燥後、つや消しをふきました…。

何はともあれ

ガンダムmark-Ⅲ 二番機

完成です。

エウーゴ第一機動部隊については

こちらから。

エウーゴ トリスタン

エウーゴ ジムカスタム

エウーゴ ジムキャノンⅡ

バーザム(A.O.Z RE-BOOT ver)

バーザムシリーズ初挑戦です。

一般販売されたZガンダム版は

そのうちにと見送ったところ

品薄な昨今。

入手困難なため

A.O.Z RE-BOOT verから。

(以下、バーザムAOZと略します)

バーザム自体が特徴的なため

パーツ構成もなかなか特徴的で

ザクやジムなど

一年戦争の機体ばかりを製作していた

自分は

これがグリプス戦役以降の

最新鋭の機体のパーツかと

劇中に登場しそうな

古参のMS技術者の気分になりました。

カラーリングは

クレオスさんの水性カラー。

ティターンズブルー1、2。

ゴールドとメタリックレッドです。

スラスター部を部分塗装で表現。

いつもはつや消しですが

今回は光沢をふきました。

……ニュータイプなみなさんは

お気づきですね。

そうです。

ガンダムmark-Ⅲの作業中にかえた

光沢のトップコートに

気がつきませんでした。

さすがに全部をふき直すのは

大変なので

バーザムAOZが所属する

ティターンズの部隊は光沢仕様で

いくことになりました。

ガンダム(リヴァイブ版)

先日

水性カラーの在庫確認をおこないました。

使用前と

使用中あわせて69種ありました。

MyUCでつかっているカラーふくめ

水性カラーの全色制覇をめざしていきます。

リヴァイブ版のガンダムやザク。

ORIGINガンダム。

エントリーグレードのガンダムを

隊長機にすえ

新部隊を設立。

2色+メタル色で塗装していきます。

上記、三色をつかって

塗装したのが

ガンダムのリヴァイヴ版です。

ミリタリーテイストに

仕上がったのではないかと。

企画を立ち上げたあと

リヴァイヴ版のガンダムやザクまでが

品薄になってきたので

クリスマスシーズンにはなんとか

安定してくれないかと願うばかりです。

次のザクがどのような配色になるか

お楽しみに。

今週のビルダー活動として

夏場からゆっくりと更新してきた

ぶちちゃんねるですが

2021年の師走をまえに更新頻度を

あげられる時間ができてまいりました。

今回のように

やらかした報告…

もとい

今週のビルダー活動として

MyUCの紹介とあわせて

更新していく予定です。

みなさんのガンプラ製作の部隊編成や

カラーリングの参考になれば幸いです。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。