【ガンプラ】HG 1/144 デザートザク MyUC アジア方面軍仕様 




またまた新部隊です

MyUC(私の宇宙世紀)ジオン編

2022年新設の軍として

大陸制圧軍を創設しました。

大陸制圧軍の一機目として

ザクⅡS型を紹介しました。

大陸制圧軍 ザクⅡS型紹介編

ザクⅡS型バトル編

そして2022年第二弾の新部隊は

アジア方面軍。 

紹介する機体はデザートザクです。

欧州方面軍に一番機。

欧州方面軍 デザートザク

アフリカ方面軍に二番機。

アフリカ方面軍 デザートザク

今回の機体が三番機となります。

一番と二番とはまた違った配色に

部隊の編制などに

ついて紹介していきます。

編制

現時点の部隊規模は

二個小隊(一個小隊三機)からなる

中隊です。

第一小隊です。

続いて第二小隊です。

第二小隊 イフリート

実は第二小隊の機体の方が

製作時期はまえです。

以前にアフリカ方面軍でも

紹介しています。

ノーマルのイフリートです。

アフリカ方面軍 イフリート

デザートザク三番機の撮影にあわせて

第二小隊として撮影しました。

MyUCでは隊長機として

編成されるイフリートですが

アジア方面軍では立場が違う予定です。

第二小隊 ザクキャノン

イフリート同様に

各方面軍に配属されている機体です。

アフリカ方面軍ザクキャノン

この機体も三番機になります。

アフリカ方面軍機とおなじように

モノアイに

コスメアイテムをつかっています。

第二小隊 グフフライトタイプ

第二小隊の隊長機である

グフフライトタイプ

欧州方面軍でさきに紹介予定の機体とは

違ったバトル編。

運用のイメージで

構想を練っています。

東欧方面軍と機体が被るので

先に製作しましたが紹介の順番で

第二小隊にしました。

第一小隊 グフカスタム

隊長機のグフカスタムです。

ヒートソードの刀身を

さし色のメタリックで塗装しています。

第一小隊 ザクⅡF2

大陸制圧軍のザクⅡS型と同時期に

製作していたザクⅡS型です。

次のMyUC ジオン

紹介編の機体になります。

カラーリング

カラーリングにつかったのは

いつもどおり

クレオスさんの水性ホビーカラー。

頭や腕

脚などに

H-17 ココアブラウン(艦底色)

軍艦船底色

胴体やシールド

ミサイルランチャー

足の甲や底などに

H-6 グリーン(緑)基本色

膝や胸

バックパック

武装などに

指し色で

H-8 シルバー(銀)基本色を

つかっています。

アジア?北米??

カラーリングは

ガルマ専用ザクを参考にしました。

当初は北米方面軍にする予定でしたが

北米に派遣すると

いくらMyUCいえども

連邦の冠位レベルのエースパイロットと

交戦する可能性があり

活躍が難しいということ。

各大陸に戦力を分散するのは

おかしいかろうということで

東欧方面軍。

東欧方面軍 イフリートナハト

ザクⅠ紹介編

ザクⅠバトル編

グフ 紹介編

グフ バトル編

アフリカ方面軍。

アフリカ方面軍 プロトタイプグフ

アフリカ方面軍 ドムトローペン

ザクハーフキャノン

二つの方面軍の中間で

連携や兵站が容易な位置に

軍を配置しようということにしました。

デザートザク ザクマシンガン

それではデザートザクの紹介に

もどります。

主武装であるザクマシンガン。

三番機では片手撃ちのポーズです。

片手でうちはMPマシンガンのイメージですが

片手でザクマシンガンもクールです。

三連ミサイルランチャー

ザクマシンガンとともに

三連ミサイルランチャー

乱射のポーズです。

別角度から。

二連ミサイルランチャー

アフリカ方面軍の際は

右側に装備しました。

二連ミサイルランチャー。

腰にマウントしたまま

グリップを握ると窮屈になると

お伝えしました。

ならば…。

取り外して握らせればいい。

しごく簡単なことに気がつきました。

五連ミサイルランチャー状態です。

ブルダックなどはつかっていません。

本体を真下にすると落ちますので

ポージングの際は注意が必要です。

マゼラトップ砲

二番機であるアフリカ方面軍機では

ジャイアントバズを装備させました。

三番機の本機ではマゼラトップ砲を

装備させました。

武器庫から発掘した

マゼラトップ砲。

ガルマ専用ザクから流用です。

右の持ち手で装備させていますが

グリップが太いので削って

加工する必要があります。

左のフォアグリップは

無加工で握り手でもてます。

ザクの武装で最強クラスの呼び声高い

マゼラトップ砲をかまえた

デザートザクの雄姿です。

アクション

「デザートザク、準備OKだ」

「…では対MS戦の戦闘訓練を

はじめよう」

「腹立たしいが連邦のMSは化け物だ」

「やりあうときはかならず先手をとれ」

「カウンターをとろうなんて

考えるなよ」

「了解。三連、二連ミサイルランチャー全弾発射」

「全弾命中にしてやる。次!」

「マシンガンで弾幕をはる」

「そうだ。ぶちこんで

よろめかせたところでたたみかけろ」

「了解!!」

「一発!」

「二発!!」

「三発目で…

とどめだ!!!」

「よしなかなかの蹴りだ」

「だが気をつけろ」

「やつらにはビームサーベルがある。

掠っただけでもやられるぞ」

「わかってますって

パイロットの腕を信じてくださいよ」

「そうかい。期待しているぜ」

あとがき

デザートザク三番機のアクションは

連邦のガンダム4号機&5号機と

おなじく訓練の一コマという

シチュエーションでした。

遊撃戦隊 ガンダム4号機&5号機

マゼラトップ砲はバトル編にて。

MyUC(私の宇宙世紀)

ジオン アジア方面軍

デザートザク紹介編。

いかがでしたでしょうか?

デザートザク三番機の他に

部隊設立の背景についても

紹介させていただきました。

リンクから他の部隊も

ぜひのぞいてください。

今回もありがとうございました。

みなさんのガンプラビルダー活動の

参考になれば嬉しいです。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。