【ガンプラ】HG1/144 プロトタイプグフ MyUC ジオン アフリカ方面軍仕様




戦術で機動

MyUC ジオン アフリカ方面軍仕様

イフリート

ザクキャノンときて

第一小隊のトリは

プロトタイプグフです。

いちおうミキシングになります。

右腕がヒートロッドやマニピュレーター。

左腕が三連装マシンガンの

戦術実証機でしたが

MyUC設定で

アフリカに実戦配備されているということで

同規格のORIGIN ザクⅡの両腕に換装しています。

戦術実証機から

機動実証機にブラッシュアップされ

より汎用性が増し

アフリカ方面軍に配備されたという

設定のプロトタイプグフの雄姿を

おとどけします。

ツーハンド

グフの代名詞ともいうべき

ヒートロッドと三連装バルカンがない本機。

グフといえば上記二種や

ヒートソードなどの武器を駆使した

近接格闘戦が主とされていますが

今回はあえて銃火器を。

両手にも装備させられることから

二刀流ならぬ二丁持ち

ツーハンドにしています。

MyUCのジオン軍武器庫から

ゲルググマリーネ

ザクF2、ドムトローペンに

付属されていた

MPマシンガンを使用。

銃握り手のある右手用

上の方はグリップ部分を。

通常の握り手しかない

左手用の下の方は

グリップとトリガー部分を

加工しています。

MPマシンガンは二丁持ちや

片手に違う武器をもたせるときに

装備させるのが好みです。

ザクバズーカ

続いての二丁持ちする武器は

ザクバズーカです。

とはいっても

マガジンのついた

J型のザクバズーカです。

旧HG 08小隊版のザク。

陸戦型ガンダムとセット。

のちにJ型として発売されたキットの

付属武器です。

08小隊のころからザクバズーカに

マガジンが増設されはじめたと

記憶しています。

違っていたらごめんなさい。

MPマシンガンとおなじ加工をしています。

上が右手用。

下が左手用です。

08小隊リアルタイム世代なので

キットもセットの方を購入していました。

今回のツーハンド企画で思いつき

武器庫から引っ張りだしたため

塗装はおろかトップコートも

ふいていません。

成形色そのまま。

おそらく初期ロットの

年代ものです。

数十年をへて

まさか日の目をみることに

なろうとは。

スコープは可動します。

右側だけ展開。

左側は下げています。

グリップ部分が可動しないため

肩に担ぐというアクションは

むずかしいですが

そのまま装備させて

ポージングしても

コンパクトなデザインのおかげで

違和感はないかと。

ORIGIN ザクⅡのバズーカのに

つながっていくデザインですね。

シュツルムファウスト

いまやジオン軍定番武器です。

こちらもJ型のザクバズーカと

同様に武器庫から発掘しました。

弾頭と柄が一体型が主流のなか

めずらしく弾頭がはずれるタイプです。

リード線と綿などをつかって

発射エフェクトもチャレンジ可能です。

とはいえやはり格闘も

ヒートホークも二本さしているので

やはり格闘アクションをやっていきます。

それではアクションスタートです。

平手はザクキャノンから流用です。

ガンマンの早撃ちのイメージです。

クポーンアップ。

抜刀アクション。

抜刀決めポーズ。

すり足で間合いをはかり

右で薙ぐか左をふりおろすとみせかけ

右のショルダータックル。

横から。

重心も前に出しています。

いったんはなれて。

右のヒートホークで

斬りかかります。

一撃目!

再度はなれて

今度は左のヒートホークで

二撃目!!

そのままふりぬいて

体勢をととのえ

今度は

左肩で

ショルダーアタック!

まだいきます。

三度はなれて

とどめの

ダブルヒートホーク!

アクションベースなしでバランス保持。

クポーンアップその2。

ツーショルダー

ダブルヒートホークの

コンボに挑戦してみました。

実は……

格闘アクションですが

コマ撮りアニメ用にも

撮影してみました。

クオリティは別として

編集が形になったら公開します。

気長にお待ちください。

MyUC ジオン アフリカ方面軍

プロトタイプグフ

いかがでしたでしょうか?

イフリートやザクキャノンの

ページものぞいてください。

アフリカ方面軍 イフリート

アフリカ方面軍 ザクキャノン

みなさんのガンプラ製作の部隊編成や

カラーリングの参考になればうれしいです。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。