【ガンプラ】HG1/144 ザクキャノン MyUC ジオン アフリカ方面軍仕様




支援機から

MyUC ジオン アフリカ方面軍から

隊長機のイフリートに続き

中、遠距離支援機のザクキャノンです。

MSVの箱絵やZガンダムなどにも

ちらっと出てい関係で量産されていたと

思いきや

イフリートと同数なみの九機しか

生産されていないそうです。

そのなかで

北米戦線で活躍したとされる

スパイダー隊仕様の二色のグリーンが

成形色なのですが……

ご覧のとおり

胴体や肩、脚部等に

セールカラー。

腕や太腿などにライトブラウンを

つかって塗装しています。

さし色はシルバーです。

クレオスさんの水性カラーをつかっています。

詳しい型番については

イフリートの記事にて。

こちらものぞいてください。

アフリカ方面軍 その1 イフリート

ラビットタイプ

頭部のアンテナが一本の通常タイプも

付属しますが

好みの問題で二本のラビットタイプに

しています。

またモノアイ部分は

百円ショップのコスメアイテムを

つかっています。

モノアイのカメラが強化されて

いるという設定です。

キャノン砲&ビックガン

名は体を表す180㎜キャノン砲と

両腰のビックガンです。

裏技でニコイチか

同じ系列のザクハーフキャノンの

パーツを流用すれば

ダブルキャノンも実現できます。

ビックガンのグリップに両手ともに

平手をつかってそえるように

軽く握っている雰囲気にしています。

握り手も付属しているので

しっかり握ることも可能です。

ガトリング砲&ヒートホーク

180㎜キャノン砲をガトリング砲に

換装できます。

ただしガトリング砲の給弾ベルトを

装着する関係から

右のビックガンを

外すことになります。

フリーになった右手には

これもまたザクの定番の武器

ヒートホークをもたせました。

ガトリング砲との組み合わせだと

支援機から近接戦用

バトオペ2風だと汎用機のような

イメージがでてきます。

ちなみに自分はバトオペ2は

チュートリアルで挫折しています。

コードフェアリーも興味はありますが

操作感になれないので

ウエイトの状態です。

戦場の絆はかじりましたが

ガンダムへの道は遠く

それならばプラモで

収集しようということになり

現在にいたります。

攻撃アクション

では恒例になりつつある

攻撃アクション

スタートです。

シチュエーションは

前線をぬかれ

敵MSが殺到してきました。

ガトリング砲で弾幕をはったあと

左手で間合いをとり

ヒートホークをふりあげ

斬撃をあびせます!

まずは一撃!

連撃にはいります。

刃をかえし

横に一閃!

支援機でも接近戦が

いけそうな気がします。

いずれ同系列のハーフキャノンでも

挑戦します。

気長にお待ちください。

次回予告

MyUC ジオン アフリカ方面軍

ザクキャノン

いかがでしたでしょうか?

次回はプロトタイプグフです。

テーマは二刀流ということで

ジオン軍の武器庫から

数種類の武器を両手に装備させた姿を

お送りします。

みなさんのガンプラ製作の部隊編成や

カラーリングの参考になれば

嬉しいです。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。