【ガンプラ】HG1/144 トリスタン




エウーゴ

当ブログのガンプラコンセプト、MyUC、私の宇宙世紀シリーズでは

ジオン系勢力と連邦系勢力のティターンズ所属等にわけて

カラーリングし、製作してきました。

MyUCの世界観がギレンの野望、第二部のグリプス戦役で

ジオン、ティターンズときたら、やはりエウーゴです。

とういわけで、今回はエウーゴの第一機動部隊からトリスタンを披露します。

第一機動部隊

トリスタンは…と、そのまえに

第一機動部隊の所属機やカラーリングから紹介しましょう。

左側の三機、ヘビーガンダム、ジムスナイパーカスタム、ガンダムNT-1(通称アレックス)が

第一小隊です。

小隊長機はガンダムNT-1です。

続いて第二小隊は残りの三機

中央のトリスタン、右からジムカスタム、ジムキャノンⅡです。

小隊長機はもちろん、トリスタンです。

カラーリング

仕様したカラーです。

クレオスさんの水性カラーです。

腕や脚などはH-41ペールグリーン。

胴体部分などはH-15インディブルー。

アンテナ、スラスターなどにはH-4 イエロー。

関節部分にH-22グレー(ねずみ色)。

すみ入れにガンダムマーカーすみ入れ用をつかっています。

アレックスやジムカスタムの一部にはモンザレッドもつかっています。

この部隊を製作したのは、二、三年前になります。

カラーリングのコンセプトは

アースノイド至上主義のティターンズに対して

スペースノイドとの融和をかかげるエウーゴ。

かといって、スペースノイド選民思想のジオン国粋主義派とは

相容れないということで

ジオンと連邦の中間的な色あいを目指して

ジオン軍代表機の量産型ザクの緑系。

連邦軍フラッグ機ガンダムから青系からさがして

この配色になりました。

塗ってみて、ディジェっぽくなったのでよかったです(笑)。

トリスタン

映像作品「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」に

登場する機体です。

宇宙世紀0096年

アクシズショックやユニコーンガンダムの起こした奇跡が

サイコフレームにあると考えた連邦が

シャアの専属エンジニアのアルフレットや

同じくテストパイロットのダントンをともなって

アクシズに眠っているかもしれない

サイコフレームの秘密をさがすストーリーで

アルフレットたちのまえに立ちはだかる敵として

登場しました。

この作品、バンダイチャンネルなどで配信されています。

ただ逆襲のシャアのBlu-ray販促のための

プロモーションビデオ的な側面もあるので

原作小説や漫画版を読んでから視聴されるのを

おすすめします。

ちなみに自分は映像のあとに漫画版全三巻を購入しました。

アクシズが舞台でシャアの関係者と対峙するということで

一見するとνガンダムにみえてくる

トリスタンの魅力をご紹介です。

ビームライフル(νガンダムver)

標準装備のνガンダムと同じビームライフルです。

作品中では連邦でもジオンでもない謎の組織が運用するこの機体。

アレックスが中破したあと連邦やティターンズを

転々として謎の組織にわたったそうです。

謎の組織についてはネタバレになってしまうので

ぜひ映像や小説、漫画版をチェックしてください。

ニヤリとします(笑)。

しかしながら連邦はよく機体を強奪盗難横領されますね(笑)。

MyUCはグリプス戦役頃の設定ですので

0090年代のνガンダム用ビームライフルは最新鋭の試作武器になります。

ユニコーンガンダムのビームマグナム的な(笑)。

アレックス用ビームライフル

MyUCにおけるトリスタンの設定は

ガンダムNT-1(アレックス) 二号機 高機動型です。

ですので、標準装備はアレックスと同型のビームライフルになります。

もう一機あるアレックスのものを流用しています。

上体の可動は腰に干渉するコックピットブロックだけ上に

動かして稼働域を確保しています。

同時期にトリスタンを製作されている

モデラー、ビルダーの方がいらして

干渉する厚さと同じ分、プラ板でかさましして

稼働域とプロポーションを確保していて感心しました。

ビームサーベル

ガンダムといえばの武器です。

じつはバックパックからサーベルユニットを外すとき

かたくて力をいれて外したところ

勢いあまってアンテナにさわってしまい

数年ぶりにアンテナを破損させるという

やらかしをしてしまいました。

ではここからはコマ撮り風に。

クポーンと光り

シールドで間合いを確保しつつ

斬撃を浴びせにいきます。

下半身を固定。

両肩のアポジモータで加速し

敵を切り裂く!

といった感じでしょうか。

二刀流

ビームサーベル二刀流もできます。

アクションベースもつかってアクションスタート。

まずはクポーンから。

スラスターを解放して勇躍!

二連撃スタート

ピクシーのようにも見えてきました?

ガトリング

ガンダムNT-1 アレックスの系列といったら

腕のガトリング砲です。

スペック上の記載もあります。

映像でつかわれません

漫画版では砲撃しております。

トリスタンのキットには付属されていないので

アレックスから流用し

無改造でここまで再現できます。

トリスタンは伊達じゃない!

名台詞を引用しました。

ガトリングからのキック!

バトオペ2のカウンター風です。

映像作品が2010年代後半

ガンプラではリヴァイヴシリーズもリリースされるなか

HGUCシリーズで初期、中期発売のガンダムNT-1をベースにした

このキット、色々と物議を醸し出しましたが

製作してみると格好よく

無改造でもカラーリングや撮影で

映える機体なのではと感じました。

リヴァイヴ版も熱望してはいますが(笑)。

あとがき

はい、エウーゴ機動部隊からトリスタン

披露してみました。

製作したMyUCシリーズあわせて

そろそろまた新しい部隊も設立の予定ですので

皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になったら

幸いです。

それではまた次の機体で。

ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。