ガンプラ製作 HG 1/144 スーパーガンダム




製作から完成まで

機動戦士Zガンダムに登場したスーパーガンダムの製作を一気に完成させました。

スーパーガンダム

スーパーガンダムとは、ガンダムmarkーⅡと支援機であるGディフェンサーが合体した状態の名称ですね。

もともとmarkーⅡはシリーズ冒頭、地球連邦軍エリート部隊、ティターンズによって開発された機体ですが、三機あった一機を主役であるカミーユに強奪され、ティターンズと対峙するエウーゴにもちこまれます。

残りの二機も物語がすすむにつれ、エウーゴに接収され、一機を実戦投入。残りは予備パーツにされてしまいます。

実戦投入された機体はカミーユが搭乗し、シリーズ前半の主役機として活躍します。

その後、中盤からカミーユがZガンダムを乗機とすると、markーⅡは元ティターンズの女性士官エマ中尉が乗機とするわけですが、中盤以降、激化する戦闘と続々と登場するティターンズ側のMS相手に苦戦するようになり、そこで開発されたのがGディフェンサーであります。

合体した状態でシリーズ終盤まで活躍するスーパーガンダムですが、とうぜんエウーゴ仕様でありまして、その機体色は白を基調としたRX-78ガンダムを意識したものでした。

今回、製作したスーパーガンダムは、ガンダムmarkーⅡが我が地球圏において、エウーゴに奪取されずにティターンズで運用され、提携企業のアナハイムがGディフェンサーをはじめとした支援機を開発してきたという設定で作成してみました。

本体色はもちろん、Gディフェンサーもティターンズカラーで塗装しました。

メガライドランチャー

我が地球圏ではガンダムmarkーⅡはスーパーガンダムで三機目。これが三号機で、他の二機のうち、二号機はビルドファイターズシリーズのビルドmarkーⅡをノーマルで再現しました。

残りの一号機には追加装備がなかったので、せっかくなら一号機にもということで、アナハイムが製作しそうなメガライドランチャーを装備させることにしました。

markーⅡは背負いものがよく似合います。

歴史は繰り返す…

メガライドランチャーの組立て作業で悲劇がおこりました。

また関節部分が大破です。

破損した瞬間は爆発したかのように鮮やかでした。その見事な壊れぶりにショックはあまりうけずに、さ、修復するかという感じで作業にはいりました。

ジョニーライデン専用ギャン・クリーガーの肘のときのように破損部分をプラ板ではさんで接着し、穴部分とおなじ箇所にピンバイスで穴をあけます。

多少、強度が落ちるのを覚悟して、軸側のパーツをやすりがけをして調整し、強引に修復です。ブンドド時に気をつければ大丈夫な感じに修復できました。一件落着です。

パーツが多かった

今回はガンダムmarkーⅡ、Gディフェンサー、メガライドランチャーと三機分を一気に作業しました。

塗装ベースも増強し、本体色のコバルトブルーだけでHG一機分は塗装したかと思います。苦労した甲斐あって、よい仕上がりになりました。

ティターンズ・ガンダムmarkーⅡ小隊、揃い踏みです。こちらも早く撮影してブンドドしてみたいですね。

次のガンプラは

次はゲルググ・イエガーを作ります。

この部隊の三機目です。

まだ構想段階ですが、この部隊と連邦第三勢力部隊のように、連邦VSジオンでライバル同士になるような形で製作していこうかなとも考えております。今後をお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーム、パワプロ、ガンダム、ガンプラ、アニメ、プロ野球、巨人、B’z好きのおじさんです。のんびり楽しんでいって下さい。