ガンプラ製作完成編 HG 1/144 ギャン・クリーガー




完成しました。

我が地球圏のジオン新部隊に所属する二番目の機体、ギャン・クリーガーが完成しました。メインカラーであるワインレッドでやらかしましたが、今のところ問題ありません。今回は完成=ロールアウト直後の様子をおとどけします。

嬉しい計算外

ギャン系にガルバルディβのデフォルト準拠カラー。似合うかどうか不安なところもありましたが、完成してみるとうまくいったと自画自賛です。

Twitterにもアップしたところ自分的にはバズったような反応があり、たくさんのいいねをいただき、うれしくもあり、なぜ?このギャン・クリーガーが反応いいのか?と予想外の反応に嬉しい戸惑いがありました。

隊長機と

先に完成していた隊長機のガルバルディβとも一緒に。

ならべてみるとどちらが後継機かわからなくなるほどにギャン・クリーガーに存在感があります。でもスマートなガルバルディβのほうがじつは性能がよいというシチュエーションもすきですね。

三機目はゲルググ・イエガーを製作します。そのあとはギャンの予定です。部隊構成でガルバルディβとギャン系2機が第一小隊となり前衛。後衛となる第二小隊にゲルググ・イエガー、ゲルググキャノン、ゲルググマリーネライダー(指揮官機)を配置することになります。ギャン系とゲルググ系の部隊。精鋭部隊という雰囲気をめざします。なるべく早いうちに製作したいところです。

次はスーパーガンダム&メガライドランチャー

次に製作するのはスーパーガンダム&メガライドランチャーですが、パーツが多い。

ギャン・クリーガーの製作がおわったので、ねこの手スタンドにつけてサーフェイサーのふきつけ作業にはいりましたが、ぜんぜん終わりません。なんとか今週末に塗装の予定ですが、長引く予感がします。塗装ベースも新調したりせねばと。HG3機分がこのレベルだと、最近のMGは大変だなとMGも作る皆さんを尊敬する今日この頃です。

本撮影の機体も増えてきましたのでそろそろ順次おこなっていくとともに、またコマ撮りアニメも作成したいと思います。こちらは色々と勉強もしたいなと思いますが、とりあえず作っていくのもありかと考えています。

五月下旬にはヘイズルシリーズがとどき、第二回のアドヴァンスドオブZ祭り開催の予定です。それまでに一機でも多く、積みプラを消化していく予定です。地上部隊も連邦、ジオンともにすすめていこうかと。気長にお付き合いください。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーム、パワプロ、ガンダム、ガンプラ、アニメ、プロ野球、巨人、B’z好きのおじさんです。のんびり楽しんでいって下さい。