ガンプラ披露 HG 1/144 ダブルオークアンタ




令和初

新元号、令和でおとどけする最初のガンプラ披露は機動戦士ガンダムOOの劇場版主役機であるダブルオークアンタのクリアバージョンです。

目次

1.ざっくり説明 2.バスターライフル 3.バスターソード

4.令和もいっそう

1.ざっくり説明

「劇場版 機動戦士ガンダムOO A wakening of the Trailblazer」に登場した機体です。主役の刹那・F・セイエイが駆り、人類と異星体であるELSとの対話を果たしたガンダムでもあります。

劇場公開初日、友達との待ち合わせよりも早くにいって、このプラモとパンフレットを購入しました。ちなみにパンフは刹那をはじめとした四人のガンダムマイスターがそれぞれ表紙をつとめるもので、刹那が売り切れてしまっていたのでロックオンのバージョンを買いました。

あれから十年近く…。元号が平成から令和とかわる節目がなければ、まだきっと押し入れの宝物庫に保管されたままになっていたことでしょう。

先日まで関東のローカルTVで再放送されていましたが、十年たっても面白いガンダムシリーズでした。

アニメは好きだけど、ガンダムはちょっと…という人やシリーズをみたことがないという人に、最初にみるガンダムシリーズとして、すすめています。

はじめてのクリアバージョンでしたが、シールはノーマル版と同じ仕様ではってしまうとクリアバージョンの魅力が減る気がしたのでメインカメラの眼の部分のみにしました。

2.バスターライフル

主兵装のGNソードVのライフルモードにシールドの装備されているソードビットをはずして装着させるとバスターライフルになります。

さらにシールドを背中のほうへ移動させ、背中とシールドに装備されているGNドライブをつなげてツインドライブシステムのフル稼働状態にしています。トランザムのさらに上のクアンタムバーストの状態ですね。

クアンタムバーストは対話のためのシステムで戦闘の状態ではないのですが、ここは演出ということでご了承ください。

エフェクトをつけたくなるようなポーズですね。

3.バスターソード

同じくGNソードVのソードモードにソードビットを装着させた状態がバスターソードです。

ライザーソードの再現ですね。

PSPのGジェネシリーズで無双をしていたのを思い出しました。

巨大なバスターソードですが右腕と柄のパーツでロックしてあるので保持力は高めです。


LEDライトに赤系のセロハンをはり、光をあててみたらトランザムのようにうつらないものだろうかと考えてみました。機会があったら挑戦してみます。

4.令和もいっそう

ひさしぶりに素組をしてしかもクリアバージョン。作ってみて、こういう限定品もよいなと。クリアバージョンや特殊コーティングも機会があれば作ってみようと思いました。

令和、最初の製作はギャンクリーガーです。近日、製作状況をお知らせしたいと思います。どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーム、パワプロ、ガンダム、ガンプラ、アニメ、プロ野球、巨人、B’z好きのおじさんです。のんびり楽しんでいって下さい。