ガンプラ製作完成編 HG 1/144 ガルバルディβ




完成!

ガルバルディβが完成しました。我が地球圏のジオン軍、新部隊の一機目です。そして、さっそく二機目のギャンクリーガーへの製作へかかります。

目次

1.ガルバルディβ 2.ギャンクリーガー 3.新部隊編成

4.平成と令和をまたぎそう?

1.ガルバルディβ

急な思いつきからジオン軍所属に決定したガルバルディβ。ですがカラーリングは連邦軍所属のデフォルト準拠。どの部分でジオン軍であることをアピールするか?

シールをはることにしました。

胸に輝くジオンの紋章。まぁ、武器や手首のパーツと同じようにシールもたくさんあまっておりまして。

シールドにはさらにわかりやすくZEONとかかれたシールをはりました。これでこのガルバルディβはジオン軍です。

主兵装はビームライフルとビームサーベル、シールドというシンプルなスタイルがいかにもエースパイロットの愛機という感じがして気にいっています。意外とサイズが大きめなのも驚きました。後日、本撮影の際には宿敵となるヘビーガンダム&トリプルジムとブンドドさせる予定です。ご期待ください。

2.ギャンクリーガー

そして二機目のギャンクリーガーの製作スタートです。

パーツランナーの紹介から。

メイン武装であるビームランスとシールド、バックパックのAパーツです。これだけで、一年戦争期のモビルスーツと一線を画す雰囲気があります。

ほとんど新規パーツのなかで唯一、ベース機のギャンと共通パーツである関節部分を中心としたBパーツです。

ほぼメインといってよいCパーツです。

ギャンクリーガー専用の関節部分や腹部、スリッパなどのDパーツです。

コクピットハッチとおもわれるカバーとダクト部分のEパーツ。ポリキャップにシールです。シールがモノアイとバックパックのセンサー部分だけと簡潔です。

塗り分けを考えながら部分組み立て&パーツわけからはじめます。こちらも続報をおまちください。

3.新部隊編成

ガルバルディβ、ギャンクリーガー、ゲルググイエガーまでは決まっていまして、さらに積んでいるキットからゲルググキャノン、ゲルググマリーネ(シーマカスタム)もいいかな…とゲルググだらけになりそうなので、ギャンをもう一機…でもシーマ専用機としても作りたいのでまた購入するか…と、順調に減ってきたのにもかかわらずまた積んでしまいそうです。令和最初の月から続々とプレバンから新機体が届くのですが。まぁ、これも楽しみということで積みたいと思います。

4.平成と令和をまたぎそう?

ギャンクリーガーをすすめながらダブルオークアンタの方も期間限定で組み立てはじめます。クリアバージョンということで何年ぶりかの塗装なしの素組みです。

素組み(すぐみ)。ビルドファイターズで「すぐみ」と呼ばれるまで、自分は「そくみ」だと思ってました。

色々とあった平成をこのキットで締めて、令和を迎えたいですね。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーム、パワプロ、ガンダム、ガンプラ、アニメ、プロ野球、巨人、B’z好きのおじさんです。のんびり楽しんでいって下さい。