ガンプラ製作 HG 1/144 ヘビーガンダム




製作快調!

またあらたに製作を開始しました。今回、製作するのはHG 1/144 ヘビーガンダムです。プラモ狂四郎世代としては、キット化を熱望していた機体だったために、予約時に勢いで六機も注文してしまいました。このたび製作するのは二番機という形になります。ランナー紹介から塗装、組み立てすみ入れまで快調に進んだ模様をおとどけします。

目次

1.パーツランナー 2.塗装 3.組み立て 4.すみ入れ 

5.今月三機目は平成最後?

1.パーツランナー

先にリリースされたガンダムFSDなどのORIGINガンダムバリエーションと同じパーツをつかっている部分もありますが、ランナー表記はヘビーガンダムとなっており、ほぼ新規という気合の入り方です。

ではAパーツから。

胴体、足、、腕カバー、膝、フレームランチャーの部分のAパーツです。

続いてB1、2パーツです。

頭、腕、脚、腰の装甲とフレームランチャーの上部分ですね。成形色だとFSDのように黒系で統一されています。

MSD規格ともいうべき関節部分をあつめたCパーツと目と口、アンテナの真ん中部分のC2パーツです。

ビームライフルとビームキャノンのDパーツとメインカメラ(目)のバイザーのD2パーツ。こちらはクリアパーツとなっております。

シールドのEパーツとポリキャップ、クリアパーツのビームサーベル、シール各種です。

以上のパーツをいつもどおりに部分組み立てとパーツわけをしました。

2.塗装

作業はサーフェイサーと塗装にうつるわけですが、従来ですと、サフと塗装は乾燥待ちなどから別々の日になるのですが、その日は一日、時間がとれて、午前中にサフ。午後、乾燥させて夕方から塗装という神工程で作業をすすめることができました。

我が地球圏、連邦第三勢力の機体ということで、おなじみのブルー、ガル、ねずみ色のグレー系三色にくわえ、ガンダムタイプということで、ワインレッドとイエローをアクセントにつかってみました。同じ理由で世間ではスリッパというのですか?足部分の一番下もワインレッドでもよかったかなとも思いましたが、これはこれでよしとしましょう。

3.組み立て

組み立てはMSDのジムシリーズでなれていたせいかこちらもスムーズに終了しました。

ガンダムタイプは何色でも似合います。

4.すみ入れ

ジムシリーズ同様にガルグレーの部分は曇らせるためにすみ入れはウエザリングカラーでおこない、なるべくよごし表現にならないようにふきとります。

消えてしまった部分はシャーペンで修正し、トップコート&シールはりをおこないます。

5.三機目は平成最後?

製作が快調にすすみ、順当にいけば四月中旬にして一機目が完成し、二機目のガルバルディβもじつは部分組み立ても終わっており塗装作業にはいれる状態です。

そうなると三機目にいけそうで、それが平成最後のガンプラになりそうなので、平成を締めくくるガンプラとして、めずらしく限定品などを製作してみようかなと。

どの機体になるかは押し入れから発掘してからのお楽しみになります。続報をお待ちください。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です