ガンプラ披露 HG 1/144 ジムキャノン空間突撃仕様




ジム祭り

四月六日はジムの日ということで、今月はジム祭りです。今回のガンプラ披露はジムキャノン空間突撃仕様です。

目次

1.ざっくり説明 2.かっこいい 3.次の披露は

1.ざっくり説明

MSVで登場したジムキャノンの宇宙戦用の機体ですね。

脚の部分がキャノンの砲撃時の反動対策もかねた増加装甲にかわって、スナイパーカスタムなどと同じようなふくらはぎにバーニアが増設されているタイプにかわっています。

ノーマルのジムキャノンにくらべてスラっとしたエース機らしいスタイルになっています。

設定ですと一年戦争末期に数機ほどエース機として配備されたそうです。

実はノーマルのジムとZシリーズでリリースされたジムキャノンをミキシングしようとキャノンを積んでいたのですが、このキットをつかえば、脚フレームと装甲側の加工でミキシングがいけるのではないかと。

自分は空間突撃仕様のほうが好みなので、とりかかるとしたらだいぶ後になりそうです。

2.かっこいい

プレミアムバンダイからリリースということで、入手に時間がかかるかもしれませんが、その甲斐は十分にあります。

よく動きます。画像のポーズは序の口です。前回のガードカスタムのアームユニットでもふれましたが、バックパックの側面、装甲のパーツをはずせば、ハードポイントがあるので追加武装が装備できます。両腕のポイントも健在です。腰の後部分もOKです。

最終的にはキャノンですら差し込みタイプなので、他のパーツに換装することができます。

空間突撃仕様としては戦場の絆が初登場になるのでしょうか。

ジム系のMSVといえばスナイパーカスタムとキャノンが印象的で、長い間、HG化されずに、後発のコマンドやスナイパー、カスタムなどなどがリリースされるたびに、まだかと待ちわびていただけに、エース仕様として発売されたこの機体は嬉しく、三機購入しました。

残り二機はティターンズ仕様、最後の一機をデフォルトカラーで仕上げる予定でいます。

戦場の絆でお金と時間をかけるより、プラモで好きに集めるほうが自分にはあっているなと思って、積みプラしはじめたのを思い出しました。

3.次の披露は

次の披露はジム系ですとガードカスタム。ザク系ですとエース機各機。それ以外ですとグフ・フライトタイプになりますでしょうか。その間にヘビーガンダムやガルバルディβの製作をすすめる予定でおります。

そろそろティターンズカラーも塗りたくなってきましたので、いよいよヤザン仕様のガンダムmark-Ⅱなどでしょうか。

SDガンダムの三国創傑伝が海外中心や限定販売で入手が難しそうなので、シリーズで展開している三国伝の方の購入を検討していこうと予定しています。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です