ガンプラ製作完成編 HG 1/144 ジム・ガードカスタム




ついに完成!でも…。

HG 1/144 ジム・ガードカスタムがついに完成しました!でも完成直後に問題発生。ひさしぶりに少しだけ加工しました。

目次

1.組み立て直後に 2.ユニット製作加工 3.完成!!

4.ジムトリオ 5.気が付けばジムの日

1.組み立て直後に

トップコート&すみ入れを終え、完全乾燥後に組み立てました。ここまでくると簡単なもので、ものの数分で完成。

直後の画像ですが、肝心のガーディアンシールドはネコの手スタンドと塗装ベースをつかって自立させています。

ここではじめて気がつきました。

シールド、左手でもつのです。昨今のモビルスーツ、UC、アナザー問わず、もつにしても、ほとんどは腕のハードポイントにジョイントパーツで接続が主流だと思っていたのです。が、このガードカスタム、腕にはすでにビームダガーのユニットが接続されており、シールドはもつ仕様。

いざもたせてみると、巨大なガーディアンシールドゆえに保持力の許容オーバーか手首がフニャっとなってしまいます。

これではかっこ悪いので、ジム系最新機ジェスタにつながるような設定でガーディアンシールドを接続するユニットを作成することにしました。

2.ユニット製作加工

とはいってもそれほど大層なものではなく、ユニットとはいってもアーム的なものを作ろうということで、少しいじって積みプラ化していたこのキットたちをつかいました。

ビルドファイターズシリーズのビルドカスタムより、ガンプラバトルアームズとパワードアームズパワーダーです。

色々と試行錯誤しまして、アームアームズのジョイントF(短)×2とジョイントA、B。パワーダーの関節1個をつかって作成したユニットがこちら。

アームユニットの本体への接続は、スナイパーカスタムのときにふれまして、ジムキャノンにもあり、今機体でも健在だったバックパック側面にあるハードポイント部分へ。シールドのグリップへの接続にパワーダーの関節をつかっていますが、音にきく後ハメ加工の要領で、Cの形の内径をグリップの太さに丸型金ヤスリで削って調整しました。

そして空いた左手にせっかくなのでパワーダー付属のビームマシンガンをもたせました。こちらは待ち手ではない握り手にあわせるために、グリップとトリガーをカットしています。

3.完成!!

問題解決、シールをはってRGM-79HC ジム・ガードカスタム完成です。

アームユニットとビームマシンガンは突発だったので未塗装です。ビームマシンガンの塗装はヘビーガンダムのときにおこなおうかと。

さっそくユニットを展開させてみましょう。

肩越し、オーバースローで。つづいて横からサイドスローで。

正直にかきますと、やはりアームが少しフニャっとはなりますが、許容範囲で自分的にうまくいって気にいっているので大成功とします。

4.ジムトリオ

我が地球圏、連邦第三勢力の中核部隊ジムトリオをならべてみましょう。

いずれ黒背景で撮影します。

ガードカスタム、片側にもアームユニットをつけて追加武装を…とも思いましたが、ジムキャノンや製作途中のヘビーガンダムがあるのでやめました。これぐらいがちょうどいいかなと。

5.気がつけばジムの日

THE ORIGIN MSD ジムシリーズ、一般販売の購入はひかえているのですがやはりここまでくると。インターセプトカスタムも手にいれたいですね。気がつけばもうすぐジムの日。記念にいいかもですね。

検討しつつ、ヘビーガンダムの製作に励みたいと思います。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です