2019シーズン開幕!! 新生原巨人の戦い




今年もはじまりました。

いよいよ2019年、プロ野球のペナントレースがはじまりました!我が愛する巨人軍も覇権奪取にむけて王者・広島と激突です。昨年は7勝17敗と大きく負け越しましたからね。今年こそはやり返したいところです。

目次

1.開幕戦 

2.第二戦、初勝利!! 

3.第三戦、連勝!勝ち越し!!

4.シーズン開幕でガンプラと

1.開幕戦

新生、原巨人の開幕投手は今年から18番を背負い、名実ともにエースである菅野智之。相性の悪さから広島の安部にソロホームランを浴びたものの、七回四安打1失点は見事なピッチングでした。良すぎた相手の開幕投手とふだんの菅野からコントロールがイマイチな印象もありましたが、結果はそんなことはなかったですね。次に期待しましょう。

そして打撃陣です。一番の吉川尚輝は猛打賞の活躍でチャンスを演出したのに自慢の坂本、丸、岡本の中軸が機能せず陽や亀井も繋がらずに無得点。点がはいらなければ勝てません…。

菅野の後を継投したプロ初登板の大江はまあ大目に見ましょう。でも宮國…抑えてほしかった。去年のリプレイをみているような負け方で少し不安になった開幕戦でした。

2.第二戦、初勝利!!

正直、いやな負け方をしたので今年も厳しいかと思っていましたが、先発のヤングマンと炭谷のバッテリーがうまく広島打線を抑えてくれました。

「広島戦は菅野以外、炭谷でいいんじゃないの!」と手のひらを返させていただきました。ヤングマンも炭谷も今後に期待です。

そして、一番驚いたのはゲレーロ!3安打4打点!今年はやってくれそうです。

二番目に驚いたのは中川ですね。サイドスロー転向が功を奏したのかコントロールが安定してます。抑えのクックもよかった。やっと久しぶりに安心してみられる抑えの誕生でしょうか。

坂本にバントさせたりと原監督のらしい采配がみれて嬉しい初勝利でした。

3.第三戦、勝ち越し!

1勝し、まぁ、開幕直後ですし、負けてもねと楽な気分で観戦した第三戦。畠の好投。そして、どうした!?なにがあった!?ゲレーロ??逆転2ラン。もうソローロは返上でしょうか。新加入のビヤヌエバも初ヒット。外国人二人が六、七番にいる打線は強力ですね。枠の関係からヤングマンとメルセデスを2回先発させて2回休ませるのか、調子が落ちてきた野手の片方を下げるのか、起用も楽しみな助っ人の活躍です。

やっとでました丸に初ヒット。しかも勝ち越し2ベース。10打数1安打でも四球を選んで出塁はしているので、これからに期待します。

投手では初登板の戸根。同点で食い止めた中川。まぁまぁの吉川光夫と左腕は調子いい感じですが、右の宮國をはじめ、今年こそはの桜井が空回りをして、一時、逆転の危機。次は頼むよと思いつつ、上原とマシソンの復帰を願います。とくにマシソンは今年、一軍登録が続けば来年は日本枠ではないかと思うので早期復帰を待つばかりです。

そして、広島に移籍した長野についてですが、代打ででてきてセンター前の打球。ショート坂本の動きが捕る気がないようにみえて、笑ってしまいました。かつての盟友に幸先良いスタートをとらせたかったのでしょう。長野がヒットを打って無得点という巨人ファン的に安堵した展開でした。でも控えやなれないレフトで長野をつかうのはもったいなぁと。

最後は守護神クックの二試合連続セーブでしめて、去年のマツダスタジアムでの勝ちにならぶ二勝で勝ち越し。試合後の「いい挨拶ができました」の原監督新語録も飛び出して、原巨人、上々の船出です。

4.シーズン開幕でガンプラと

プロ野球が開幕しましたので、当ブログ、ガンプラとの二本柱体制になります。

カオス度が高くなりますが、広いお気持ちお付きあい下さい。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーム、パワプロ、ガンダム、ガンプラ、アニメ、プロ野球、巨人、B’z好きのおじさんです。のんびり楽しんでいって下さい。