ガンプラ披露 HG 1/144 ザクFZ & ザクキャノンテストタイプ




再開ザク祭り

グフ・フライトタイプもひとまず完成しましたので、ザク祭り再開です。今回、披露するのはHG ザクFZとザクキャノンテストタイプです。また製作編ではジムキャノン空間突撃仕様の製作状況もお知らせします。

目次

1.ザクFZ 2.ザクキャノンテストタイプ 

3.製作状況 ジムキャノン空間突撃仕様 4.次のすみ入れ&シールはり

1.ザクFZ

ザクⅡ改とも称されるザクFZです。

統合整備計画のあとに開発された機体でシャアザクなどのエース機仕様のS型のスペックでありながら操作性は量産型のF型に準じ、リックドム級の運動性をもつ一年戦争期、ザク系最高レベルの機体のようです。

のちに連邦系組織で開発されるハイザックやマラサイに通じるデザインが感じられます。

ちなみに頭部はBタイプです。このBタイプだとギラ・ズールにそっくりですね。

Aタイプの頭部は従来のザクタイプに準じたものです。

そしてザクFZといえば「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」です。

ザクで唯一、ガンダムをたおした伝説の機体です。もう一機をAタイプで組んでいるのですが、塗装のための分解途中で股関節を破損させてしまいました。パーツを確保し、交換して塗装待機の状態ですが、バーニィ機の完成はとうぶん後になりそうです。RE100 でリリースが決定したので、そのうちガンダムNT-1と一緒にリヴァイヴしてほしいと切に願う今日この頃です。

2.ザクキャノンテストタイプ

プレミアムバンダイからリリースされましたザクキャノンテストタイプです。

とりあえず買っておくかという軽い気持ちで一機だけ購入し、いざ作ってみたら案外、好きになったザクキャノンテストタイプです。

脚の横にダクトがついているのが制式のザクキャノンだとしったのは先日、制式のザクキャノンのリリースが発表されたときでした。

テストタイプと制式の区別がつかなくても何十年とガンダムファンはできるものです。

自分的にカラーリングからすみ入れまでうまく仕上ったと思えた機体でそのうち同じ配色でハーフキャノンやF2、ORIGINザクⅡも塗装できたらいいですね。

ちなみにハーフキャノンは積んでいて、制式のザクキャノンは3機予約しました。今年は小隊買いはやめようと思っていたのですが。やはりやめられません。

3.製作状況 ジムキャノン空間突撃仕様

ジムキャノン空間突撃仕様の製作状況ですが、サーフェイサーをふき終わりました。

ケースから取り出して作業し、カラーリング別にわけることができましたのでスムーズに塗装にはいれます。3ブロックにわけましたが、上がブルーグレー。真ん中がガルグレー。下がグレーで塗装する予定のパーツです。どうなるか続報をお待ちください。

4.次のすみ入れ&シールはり

次のすみ入れ&シールはりはジョニー・ライデン専用ザクⅡの予定です。

すみ入れ&シールはりをしてシン・マツナガ専用ザクⅡとならべたいという願望をかなえます。

グフ・フライトタイプ、シャアザクなど撮影待機も増えてきました。順次、撮影して披露していく予定です。どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。