ガンプラ披露 HG 1/144 ザクⅠ & ザクⅠスナイパー




旧キットでもなくORIGIN版でもなく

今回のガンプラ披露は、HGUCの初期シリーズといってもよいのでしょうか、旧ザクことザクⅠとそのバリエーション機であるザクⅠスナイパーの紹介です。

目次

1.ザクⅠ 2.ザクⅠスナイパー 3.ザクⅠスナイパー改

4.次はシャアがくる??

1.ざっくり説明

最初のアニメ、機動戦士ガンダムでジオン軍のガデムの愛機として登場しました。

古参兵のガデムがアムロのガンダムに挑みますが、やはり性能の差は歴然で倒されてしまうという展開です。

このザクⅠでモビルスーツの開発に成功し、ザクⅡで量産に成功したというのが一般的なざっくりとした設定になるのかなと。

アニメだとガデムの回や映画での1シーンなど登場がすくないザクⅠですが、プラモでは黒い三連星バージョンやゲームだとジオニックフロントのゲラート・シュマイザーや機動戦士ガンダム戦記のエリク・ブランケなどのジオン側主役クラスの隊長が搭乗しています。

旧ザクで連邦軍の高性能モビルスーツと互角以上の戦いをする。パイロットの技量の高さが際立つ演出ですが、いざゲームでやるとハードなもので、エリクだとイベント発生エリアにいくまえに撃墜されたり、ゲラートだとサイドストーリーズになりますが、ザクⅠでガンダム6号機やらジムの大部隊と戦ったりなど、エラい目にあった記憶があります。

プラモ的にはやはり初期ということもあって、最新版とくらべるとキビシイところはありますが、対MS戦というよりも対通常兵器戦といった戦車や兵士の目線でつくるジオラマや写真にすると、鋼鉄の巨人のような迫力が出てきていいなと思います。

2.ザクⅠスナイパー

続いてザクⅠスナイパーです。

ザクⅠをベースにスナイパービームライフル、そのジェネレーターを積んだバックパック。狙撃戦用に改良されたカメラの頭部や姿勢固定用のユニットが追加された右膝。胸もデザインが変わっています。

最近ではビームライフルとバックパックが連載中のザ・ブルーデスティニーやククルスドアンの島で他のMSに流用されていますね。

本来ならばビームライフルとバックパックの間にはケーブルがつながっているのですが、どこかにいってしまいました。ガンプラは自由ということで、内蔵されたケーブルが右手からグリップに接続されてエネルギーが供給されているという設定でご容赦下さい。

3.ザクⅠスナイパーR

素組がメインの自分ですが、ミキシングもやっていました。
コンセプトはドムトローペン二機と作戦行動が可能な機動力をもつザクⅠスナイパーというものです。

ドムといえばホバー移動。ザクⅠスナイパーでホバー移動をするなら横方向に噴射するブースターをつければいいじゃないという結論に達し、つけてみました。

上方向にも飛べるようにななめに設置しております。某メーカーのビルドパーツのプロペラントタンクやバーニアで製作しました。中央の大型バーニアはボールジョイントで可動しますので方向をかえられるという設定です。

レーダー類も増設しております。こちらも某メーカーのビルドパーツです。

4.次はシャアがくる??

ザク祭り、ザクⅠの回いかがでしたでしょうか?次回のザク祭りはORIGIN版のシャアザクの予定です。

さらに先日、購入したスミ入れシャーペンをつかってすみ入れし、シールもはって完成版をおとどけできたらと思います。

どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です