ガンプラ製作 HG 1/144 ジムキャノン(空間突撃仕様)




ザク祭りとグフ・フライトタイプと

開催中のザク祭りや製作中のグフ・フライトタイプと並行して、製作をはじめました。プレミアムバンダイよりリリースされましたTHE ORIGIN MSD HG 1/144 ジムキャノン(空間突撃仕様)のランナー紹介とグフ・フライトタイプの製作状況をお伝えします。

目次

1.ランナー紹介 2.パーツ分け&部分組み立て 

3.グフ・フライトタイプ製作状況 

1.ランナー紹介

それではさっそく箱を開封していきましょう。

箱が薄い。グフフライト・タイプにくらべて半分ぐらいです。作りやすそうな予感が。

まずは腕と顔のAパーツ。続いてBパーツです。

後頭部、腹、上腕、太腿、足の甲ですね。白パーツ部分です。

ビームスプレーガン、手、肘や脚の関節部分のCパーツです。

キャノン、バックパック、首回りと新規部分が多いDパーツです。腰や足のパーツもあります。

胸、肩、脛のEパーツです。赤の成形色となっております。

膝や脛裏のバーニアなどのFパーツです。

メインカメラ部分のクリアパーツ。胸のダクトの黄色のHパーツ。ポリキャップにシール各種です。連邦軍の機体だとシールがたくさんある印象がありますね。

やはりパーツが少ない。ジムの設定どおりに量産がしやすい親切設計です。

2.パーツ分け&部分組み立て

ではさっそくパーツ分け&部分組み立てをおこなっていきますが、塗装作業支援ツールであるネコの手や乾燥させるのにさして固定する塗装ベースはグフ・フライトタイプで使用するのでつかえません。

というわけでネコの手のバージョンアップであるトラの手と100均でビデオケースを購入。作業済のパーツをケースにいれていきます。

最新のORIGIN規格、やはり組み立てやすいです。グフ・フライトタイプ製作終了後にすぐ塗装作業にはいれるように作業をすすめていきます。

3.グフ・フライトタイプ製作状況

グフ・フライトタイプの製作状況ですが、パーツ分け&部分組み立ては終了しました。

当初の予定では先週末にサーフェイサーから塗装を終了させ、今週の中頃には完成を予定していたのですが、某FGOの復刻イベントの進行が難航しましてクリアするために予定を変更した結果、作業がとまっている状況であります。

ですがとまっているとはいえ、ジムキャノンの製作も進んだので、ひと月に2機以上完成する予定になるのでよしとしたいと思います。

このやり方でうまくいけば、ひと月のうち二週を組み立てにあてて、残り二週を塗装にあてるという作業形態もみえてくるかも知れません。

週末塗装モデラーの作業モデルになれるようにチャレンジします。今後もお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。