ガンプラ披露 ノーマル版 HG ブルーディスティニー2号機EXAM




第六弾

ブルーディスティニー祭り第六弾はノーマル版 HG 1/144 ブルーディスティニー2号機EXAMです。良作であることは間違いないこのキットのあらたな魅力をお伝えしたいと思います。

目次

1.if~ティターンズ・ルート~ 2.if~エウーゴ・ルート~ 3.いよいよ

1.if~ティターンズ・ルート~

ノーマル版、2号機はジオン軍の二ムバス・シュターデンに奪取されず連邦で運用されていたらという仕様で製作しました。

いつもは左側から撮影するいわゆるカトキ立ちが好きな自分ですが、このキットは右からでもカッコよいですね。

奪われなければやはりティターンズにわたってジオン残党討伐をはじめ、グリプス戦役に投入され、エウーゴやアクシズ&ネオジオンのニュータイプ部隊と激闘をかさね、スペースノイドやニュータイプの弾圧、粛清というクルスト・モーゼス博士の願望通りの戦果をあげたのでしょうか。

ギャプランやサイコガンダムなどの強化人間&ニュータイプ専用機が登場するまえの機体として、フォウ・ムラサメやロザミア・バタムが乗機としていた設定とかにして、どなたか二次創作していただけないものでしょうか。そしてラストはガンダムを仇敵として再調整されるとなると脳内補正されてZガンダムへの繋がりも熱くなりそうな感じがします。

2.ifその弐~エウーゴ・ルート~

もしくはEXAMの力を封印された状態でエウーゴに渡る。もしくはユウ以外の外伝パイロットの乗機となる。

ということで、外伝、if、コンビといえば「機動戦士ガンダム外伝 閃光の果てに」のフォルドとルースでしょう。ifルート後の世界ならフォルドもティターンズには入隊しないということで。

ノーマル版3号機=5号機。2号機=4号機と設定すれば、フォルドとルースの愛機にみえてきます。

ちなみに唯一の違いはシールドですね。3号機の方はジムC型系。2号機の方はジムカスタムやクゥエル系のものです。

「悪いな。今日は俺が先陣をきらせてもらう」

「おっさんが、張り切りすぎるなよ」

「ぬかせ」

「落ちろ!」

「あらっよと。どうした?射線がずれているぜ」

「ほら、さがってな」

「おまえに心配されるほど、なまってはいない」

「…まったく、何年たってもかわらんな。あの二人は。…くん。すまんが、帰還後、二人を私の部屋にくるようにいってくれ」

「了解しました。ガンダム二機へ。敵影なし。戦闘終了、速やかに帰還せよ。なお、パイロット両名は帰還後、艦長室へ出頭せよ。以上」

「…了解」

「へ~い。なんだよ、また説教か」

…はい、今回も似せたショートストーリーをかいてみました。雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。

3.いよいよ

ブルーディスティニー祭りのラストはリヴァイヴ版の2号機です。

3号機の新武装、二連ビームライフルに対抗できるジオン系の武器はみつかるでしょうか。宿敵との最終決戦をイメージした写真を撮影する予定です。どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です