ガンプラ披露 リヴァイヴ版 HG 1/144 ブルディスティニー3号機EXAM




第五弾はリヴァイヴ版

ブルーディスティニー祭りも第五弾。リヴァイヴ版の3号機をおとどけします。良作だったノーマル版からどう進化したのかを紹介します。

目次

1.リヴァイヴ版 2.ノーマル=関羽?張飛?リヴァイヴ=趙雲?

3.ビームライフル 4.二連ビームライフル

5.二号機or??

1.リヴァイヴ版

HG UNIVERSAL CENTURYシリーズのナンバー209のこのキット。ガンダムのときのようにリヴァイヴの表記があるかと思いきや、箱を確かめてみるとありませんでした。でもリヴァイヴ版と呼称した方がわかりやすいので、この呼び方でいきたいと思います。

リヴァイヴ版ですが、今回は予定どおりデフォルト準拠で塗装しました。

ホワイトにネイビーブルー。モンザレッド、オレンジイエロー、グレーのカラーリングですね。

すみ入れは顔の「へ」の字以外はグレーのふでペンタイプで塗装しております。

ウエザリングカラーも考えましたが、白だとふきとったあとに汚しが目立つのを避けたかったので見送りました。

汚しが流行っているご時世ですが、ガンダムタイプは戦場で目立って傷ひとつ負わない圧倒的な存在というイメージが強いのでなるべく綺麗に仕上げてみました。銀英伝のラインハルトの乗艦ブリュンヒルトのイメージです。

2.ノーマル=関羽?張飛?リヴァイヴ=趙雲?

1号機のノーマル版とリヴァイヴ版もそうでしたが、ガンダムタイプの3号機になるとさらにノーマルとリヴァイヴでイメージがかわる気がします。

1号機のときはゲームとアニメの違いと表現したので3号機は、ノーマル=ダイナマイト、?リヴァイヴ=スレンダー?……などと少ないボキャブラリーで考えてみましたが、ノーマルが豪傑やマッチョと例えるとリヴァイヴは勇将で細マッチョなイメージなので三国志で例えるとノーマルが関羽や張飛でリヴァイヴは趙雲という例えでどうでしょうか。

3.ビームライフル

今回のビームライフルですがトリガー部分が省略され、握り手の交換なしで左右どちらにも装備させることができます。ちなみに左の平手はあります。

これは賛否両論あるかもしれませんが、ガンプラも完成させれば付属パーツも増えますからね。パーツ隠しにもよく遭遇するものですから保管に気をつかわないという面でよいと思います。

ですので1号機はもちろん、ほかの機体にも無改造で装備できることはありがたいです。

先に作っていたベース機設定の陸戦型ガンダムのリヴァイヴ版ではトリガー&右握り手だったので今回の仕様は作るときに驚きました。

4.二連ビームライフル

リヴァイヴ版、新装備の二連ビームライフルです。

連載中の「ザ・ブルーデスティニー」で新登場したジムドミナンスに実装されていた同型の二連ビームライフルがあらたに付属されています。ちなみにユウも1号機のまえにジムドミナンスに搭乗しています。

ただ自分の世代にはフルアーマーガンダムの武器だ!もしやそろそろMSDでフルアーマーか!?と別のテンションが上がってしまいました。

サンダーボルトVerのフルアーマーガンダムのようにシールドの下に装備させることができます。

最強武器ビームライフルが三門…。同じEXAM搭載&スペックだと二ムバスの二号機、分が悪い気が…。連邦の本気がうかがえます。

リヴァイヴ版の二号機ではジオン系武器の装備の検討をしたいと思います。

5.二号機or??

ブルーディスティニー祭り第五弾、リヴァイヴ版の3号機いかがでしたでしょうか?さすがリヴァイヴ版、よく動いてカッコいいキットですのでおススメです。

次の披露で第六弾ノーマル版の2号機といきたいところなのですが、リヴァイヴ版の製作状況にあわせて発掘したダブルオーやSEEDのシリーズの披露になるかもしれません。ひと息いれるかたちでこちらも楽しんで頂けたらと思います。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です