ガンプラ披露 HG 1/144 ブルーディスティニー3号機EXAM ノーマル版




ブルーディスティニー祭り第四弾!

世間はバレンタインの季節ですが、こちらはブルーディスティニー祭りを好評開催中です。第四弾は3号機のノーマル版を紹介します。

目次

1.ざっくり説明 2.今でも通用する格好良さ 3.もはや四号機

4.次回はリヴァイブ版。

1.ざっくり説明

ゲーム「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」の後半戦の主役機です。パイロットはもちろん、ユウ・カジマです。二ムバスの駆るイフリート改と激闘を繰り広げ、これを撃破するものの二ムバス配下の手によって1号機とEXAMを失ったユウ。その後、モーゼス博士のEXAM研究所を襲撃し、ブルディスティニー2号機を強奪した二ムバスを追討するため、ユウにあたえられたのが2号機同様にEXAMを搭載した3号機です。

2.今でも通用する格好良さ

元々は二号機の予備パーツの予定が奪取された二号機を追撃するために急造。モーゼス博士も討たれていたため、機体のカラーリングは蒼く塗装されることもなくベース機体、陸戦型ガンダムの機体色で実戦投入されました。

でもそれだと蒼くなく、ブルディスティニーと呼称されてもどこか違和感が…。

全身を蒼く塗ると2号機と丸かぶりなので、では紺色部分を蒼くしようということで、胴体部分などをインディブルーにしてみました。本体の白部分も100%ホワイトにして主役機感を強くしています。


ブルーディスティニー3号機という名前だから蒼もいれよう。これが今回のカラーリングの理由です。ベタですね。

そして、このノーマル版、1号機も格好良かったですが、3号機はさらにその上ををいきます。

この段落のはじめとこの画像が格好いいのです。このノーマル版にしかだせないポージングです。

3.もはや四号機

ガンダムタイプ、シンプルで最強の武器、ビームライフルです。

こちらも陸戦型ガンダムと同型タイプですね。

サイドストーリーズでジオン側でプレイすると、こちらは何十発もヒットさせなくてはいけないのに、敵の連邦側のビームライフルにあたると一撃でライフゲージを半減させられたような苦い思い出があります。

顔の造形がすばらしいので、オリジナルガンダムをミキシングする際はおすすめです。

バックパックがMark-Ⅱを彷彿とさせ、主役感を際立たせます。

良作キットのおかげとややオリジナルカラーにしたことで存在感がでた気がします。もはや四号機としてユウたちとは別の任務を遂行していた設定にしたいですね。でもそうなるとEXAMよりもハデスになるのでしょうか。そうなると第四の騎士との設定が……。想像が膨らみます。

次はリヴァイブ版

ブルーディスティニー祭り第五弾はリヴァイブ版の3号機です。

あの二連ビームライフル登場です。どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。