ガンプラ披露 HG 1/144 イフリート改




宿敵登場です。

ブルーディスティニー祭り第三弾は宿敵イフリート改です。ノーマル版イフリートのガンプラくらべでも紹介しましたが、ブルーディスティニー祭りと銘打って1号機を紹介したのならば、やはり宿敵であるイフリート改もということで、新たに撮影して披露です。

目次

1.ざっくり説明 2.外伝の敵キャラ 3.ムービー風に。

4.次はノーマル版、三号機。

1.ざっくり説明

クルスト・モーゼス博士によって開発されたEXAMシステムを搭載したジオン軍のモビルスーツ。ニュータイプに危機感と嫌悪感をもった博士がニュータイプの少女マリオンを犠牲にして完成させたEXAMを積んだ機体です。ブルーディスティニー1号機のライバル機ですね。

プレミアムバンダイで注文するようになった最初のころのキットでこの一機だけしかありません。2~3機が当たり前のいまでは信じられず、また複数購入すればよかったと後悔している機体でもあります。

両方の腰から交差して抜刀したほうがかっこいいなぁという思いがあったのでヒートソードのマウントは腰の部分にできるようにしてあります。バックパックのハードポイントへの追加武装もいまだしておりません。シンプルな武装が好みなもので。

サーベル二刀流はすばらしいです。

グフとドムの中間に位置するイフリートですが、ギャンやヅダ、ブグなどとならべてみるのもいいかも知れません。いつの日か積んでいるイフリートからはじめてみましょう。

2.外伝の敵キャラ

サイドストーリーズやマンガの影響で戦闘狂から騎士道を重んじる武人に格上げされた感のある二ムバスですが、クルスト博士といい、他の外伝キャラといい、敵キャラには極端な性格の人間が多い気がします。0083のガトーも相当だなと思って昔ほど好きにはなれず専用機もなかなか作らないという変わり者の自分です。価値観が一方通行な武人タイプよりもジョニー・ライデンやシン・マツナガのように独立戦争一直線に突き進むジオンのなかで少し、斜にかまえていたり慎重だったりするキャラの方が好きですね。

でもイフリート改は二ムバスの性格に左右されることなく購入していたことでしょう。

3.ムービー風に

では前回予告の続きから。ムービー風に。

「二人ともさがっていろ」

「ユウ…」

「…少尉…」

「…よかろう…どちらがEXAMの力にふさわしいか、決着をつけてやる」

「…マリオン…」

「…マリオン!?貴様がその名を口にするな!!」

……はい、ムービー風にセリフをそえてみました。

作って動かして遊んで楽しむ。ガンプラの醍醐味ですね。前ブログでもやっていたショートストーリーです。今回、撮影中、テンションがあがってしまい、ムービー風に撮影して適当にセリフをつけてみました。これをやるとコマ撮りしたくなります。今後もこのショートストーリーをやるときがあるかと思いますが、設定などの細かいことはスルーしていただいて、温かく見守って下さい。

4.次はノーマル版、三号機

ブルーディスティニー祭り第四弾はノーマル版の三号機です。

リヴァイブ版にひけをとらないノーマル版の魅力をお伝えできたらと思います。

どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。