ガンプラ披露 HG 1/144 ブルーデスティニー1号機EXAM リヴァイヴ版




第二弾

ブルーデスティニー祭り第二弾は1号機のリヴァイヴ版です。良作だったノーマル版のキットが最新技術でどう進化したのかをお伝えします。

目次

1.ざっくり説明 2.スタイリッシュ 3.二刀流 4.次回予告

1.ざっくり説明

ガンダムエースで好評連載中の「ザ・ブルーデスティニー」。この作品にあわせて改めてデザインされたのがリヴァイヴ版の今キットです。

マンガではミッションにあわせてフルアーマー化されたりしております。またノーマル版キットではEXAMシステム起動状態は顔のメインカメラ・センサー部分のシールのはり替えのみでしたが、リヴァイブ版では各種パーツの組み換え等で表現することができる仕様になっております。

2.スタイリッシュ

前回のノーマル版キットが力強いゲーム版をイメージしたデザインであるならば、リヴァイブ版はアニメやマンガを意識したヒロイックでスタイリッシュな造形であるようにみえます。

まさしく主人公機の存在感です。EXAMシステムの起動状態をクリアパーツ化されたメインカメラ・センサー部分のパーツ組み換えのほかにバックパック、肩のアーマー、脚部スラスター等のスライドが加わっております。…部分組み立てのときに肩のスライドに気づかず、閉じた状態で塗装し、未塗装部分と縞模様になってしまったのが、やっちまったことでしょうか。

前回のノーマル版とくらべていただけるとおわかりになるかと思いますが、バックパックの上部分の二本のバーニアがたっています。カラーリングに関してはノーマル版とほぼ同じですが、リヴァイブ版はバックパックをグレーにしました。

リヴァイブ版でももちろん自立するシールドですがさらに腕への接続部分がアーム化されており、より自由なアクションをとることが可能です。

マンガの新デザインの右側頭部にセンサー?バルカンポット?が増設されております。武器はビームサーベルの二刀流です。リヴァイブシリーズからサーベルのクリアパーツが新しくなり、ロングソードかと思えるほどの長さになって、いよいよジオン軍側はヒートホークでは白兵戦が厳しい感じですね。

3.二刀流

EXAMシステム起動、ビームサーベル二刀流でアクションです。

サーベルを突き出して突進すれば勝てそうな勢いです。

角度をかえて。サーベル、槍レベルの長さかもしれません。

左で薙いで右でつく。必勝の構えですね。これもゆくゆくはEXAMシステムのエフェクトをつけたいです。

4.次回予告

「……はぁ…なんとかやれましたね…」

「ああ。…他のやつらは片づけた!…あとはおめえだけだ!」

「…このまえの借りは返してもらうぜ」

「この赤肩野郎!!」

はい。ゲームのムービー風にショートショートをつくってみました。そういうわけで次回のガンプラ披露はブルーデスティニー1号機の宿敵イフリート改です。

どうぞお楽しみに!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です