ガンプラ披露 HG 1/144 ブルーディスティニー1号機EXAM ノーマル版




ブルーディスティニー祭り開幕

3号機も完成しましたので、ブルーディスティニー祭り開幕です。第一弾はブルーディスティニー1号機のノーマル版からスタートです。

目次

1.ざっくり説明  2.良作 3.Let’sアクション 4次回はリヴァイブ

1.ざっくり説明

セガサターンでリリースされた「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」に登場した前半戦主役機ともいうべき機体ですね。

当初は陸戦型ジム(陸ジム)をもとに開発されていましたが、陸ジムでは満足するデータを得られなかったため、陸戦型ガンダム(陸ガン)をベースとした機体に変更、顔がジムなのはEXAMシステムが搭載されている頭部をそのまま移植したためです。

セガサターンを皮切りに、その後のギレンの野望やジージェネシリーズをはじめとしたゲームで活躍し、PS3のサイドストーリーズでリメイクされました。

パイロットのユウ・カジマ、サターン版では無口だったのに、ジージェネシリーズが更新されていくたびに喋るようになったなぁというのが感想です。

サターン版のときはプレイヤーがゲーム世界に没頭できるようにあえてユウを無口なキャラにしたというのをきいたことがあります。

2.良作

さてキットの方はというと良作です。

セガサターン版を意識されてデザインされたのか力強い骨太なフォルムです。

バックパックですが、後日に紹介する3号機の宇宙戦用のバックパックも装着できます。塗装したのは何年か前なのですが、それまではこのバックパックを外して旧キットのGP-01フルバーニアンのバックパックをつけて「ブルーディスティニー1号機Fb」にしていました。

足首部分のアポジモーターが別パーツというのも特徴でしょうか。

地上部隊定番のシールドです。もちろん、脚もついてベースが陸ガンなので180mmキャノン砲をさがしてきて、いわゆるほほえみ撃ちのシーンも再現可能です。

ちなみにライフルはブルーディスティニーのものではありません。本来は地上部隊定番のマシンガンですが、主人公機といえばビームライフルですので、某機体から流用しました。

3.Let’sアクション

その某機体とはガンダムNT-1 アレックスです。ただアレックスといえば腕のガトリングガンでしょうということで、ガトリングガンの射撃状態でディスプレイしているので、あいたビームライフルをブルーディスティニー1号機に装備させました。

アニメ劇中に登場せず設定だけでプラモ化された武器ですが、ジムライフルに匹敵するぐらい好きなライフルです。マシンガンモードもついていると確信しております。

感情移入してくるとガンダムにみえてくるのが不思議です。

カラーリングは腕や脚をインディブルー。胴体やバックパックをコバルトブルー。関節、武器はグレー。上腕部等にミッドナイトブルー。口にモンザレッドですね。

次は前夜祭に登場したジムコマンドと一緒に。

モルモット小隊、突撃です。

ガンダム級、三機の小隊。モルモットどころか精鋭部隊ですね。

時間をみつけてエフェクトをかけたいです。

4.次回はリヴァイブ

ブルーデスティニー祭り第一弾いかがでしたでしょうか?次回の披露はリヴァイヴ版の一号機になります。どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。