ガンプラ披露 HG 1/144 ジムコマンド(宇宙用)




ブルーディスティニー前夜祭

蒼き運命(さだめ)に導かれし者たちの饗宴前夜…と、いうことで目下、鋭意製作中のブルディスティニー3号機、その後に続くのは2号機ですので、ブルーディスティニー祭りを開催したいと思います。我が地球圏に存在する蒼き運命を宿した機体を紹介していく予定です。その第一弾は前夜祭ということで、ブルーディスティニー1、3号機のお付きのモビルスーツとして設定、製作したHG 1/144 ジムコマンド(宇宙戦用)を紹介します。

目次

1.ざっくり説明 2.設定 3.ビームライフル 4.ギャラリー

5.次は新旧1号機

1.ざっくり説明

OVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場した機体です。カタログスペックではガンダムに匹敵し、単機でジオン軍のガンダム級のゲルググと渡りあえるという謳い文句をもつモビルスーツです。

でも劇中だとあっさりやられて活躍していないイメージが…同じ謳い文句でグレードアップしているジムスナイパーⅡもですが…。

むしろゲームで活躍しているイメージがありますね。

2.設定

セガサターン版、PS3のサイドストーリーズのどちらかの「機動戦士ガンダム外伝 BULE DESTINY」で地球連邦軍の主人公ユウ・カシマの同僚、フィリップとサマナが乗っていたイメージがあったので、二人の専用機として製作した経緯があります。

確かフィリップとサマナは最後の方は機体がなくなって、シャトルやボールに乗っていた気がして、ゲームやりながら、それはないだろうと思って作ったのも動機のひとつにあります。

そして専用機にするならガンダムはさすがにむりなので、同スペックと呼び声高いジムコマンドにし、宇宙用を地上でつかっても問題ない設定をということで、脚部分にビルドパーツのバーニアやハッチをつけております。これで空間戦はもちろん、重力下での機動性もあがって問題なしです。

上位機種のジムスナイパーⅡが脚部に大々的に増設されているのにたいして、試作機感を出してみました。

ちなみにハッチのパネルは別々です。

当時はつや消しホワイトをつかっていたため、今回すみ入れするにあたり極細のすみ入れペンをつかっての一発勝負になっております。

3.ビームライフル

高スペック専用試作機の武器といえば、やはりビームライフルでしょう。

ジャンクパーツからガンダムのビームライフルを二丁みつけました。ガンダムFbの旧キットのパーツですね。エネルギーパック式でこの型は希少なはずなので、いっそう専用機感が増しました。

4.ギャラリー

ではここでビフォーアフターです。

まずはすみ入れ前。


すみ入れ後です。

もう一機です。

色々とやらかしているのは重々承知ですが、それでも完成した機体は世界で一番、かっこいい&かわいいですね。

ブルーディスティニーの背中を守ります。

箱絵の感じがでたいいなと思って撮影しました。

EXAM起動状態についていきます。

後日、エフェクトをつけたいですね。

5.次は新旧1号機

ブルーディスティニー祭り第二弾は新旧キット共演の1号機です。

こちらもすみ入れする予定です。どうぞお楽しみに!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です