ガンプラ披露 HG 1/144 ガンダムTR-1 アドヴァンスドヘイズル




ヘイズル第三弾

ガンダムTR-1 ヘイズルシリーズの第三弾は、マーフィー隊長機設定のアドヴァンスドヘイズルです。

目次

1.ざっくり説明 2.ジャイアントガトリングガン 3.三機一体

4.次は

1.ざっくり説明

前回二回にわたって紹介しましたヘイズルカスタムにサブアームユニットや新規のユニットを追加し、ヘイズルシリーズひいてはグリプス戦役黎明期のモビルスーツの完成形ともいえる機体といわれております。

ヘイズルカスタムにくらべ、頭部のセンサーユニット、シールドブースターを二基接続できるマルチコネクターポット。足裏のスラスターユニットが増設されております。

また、アドヴァンスド専用のシールドブースターには10門の拡散ビーム砲が装備されております。攻撃やミサイルの迎撃に効果はあるもののビーム砲を装備した関係でブースターの燃料を積載する量がへり、航行性能は若干、デフォルトのシールドブースターに劣るそうです。

三機目にして初の標準装備のシールドです。ベース機のジムクゥエルと同じですね。TRシールも正式なつかい方です。

右の腰アーマーと太腿でトップコートの白色化をやってしまいました。アクションベースで姿勢を保持しております。

2.ジャイアントガトリングガン

このジャイアントガトリングガン、もちろん標準装備ではありません。ビルドファイターズシリーズで発売されたキットをつかいました。

なぜ、この装備になったかといいますと…。ざっくり説明で紹介しました増設ユニットにあとひとつ、サブアームユニット、いわゆる隠し腕が腰のフロントアーマーに装備されています。

当初の目的としては白と黒のヘイズルカスタム同様に二丁のビームライフル。さらにサブアームユニットに実弾兵器のマシンガンを二丁装備させ、弾幕シューティングゲームの主役機最終形態ともいうべき、ビームライフルとマシンガンの計四丁装備の姿にする予定でした。

ですが、ジャンクパーツから同じビームライフルがみつからなかったこと、イメージ通りにマシンガンを装備するのは無理があるかなということで変更。

かわりに入手したこのジャイアントガトリングガンを装備しようとすると干渉してしまうので、いっそのことサブアームユニットは外してしまおうということで、この形になりました。

このガトリングガン、1/100にもたしか対応しているので大きめです。なので1/144のHGシリーズに装備させると迫力が増します。


後のスナイパー機に搭載されたという高性能のセンサーユニットでビームの弾幕をスナイプショット……敵側に同情したくなる仕様です。

3.三機一体

ではヘイズルシリーズで三機一体攻撃のポーズです。ここでの二枚はスマホからの画像になります。

マーフィー機のアドヴァンスドヘイズルがガトリングガンで敵陣を崩し、そこへエリアルドとマツバラの二機が躍りこんで蹴散らすという戦術でしょうか。

こうなるとオードリーエイプリル機も作りたくなりますね。作るとしたら積んであるヘイズルⅡになるかと思いますが。

4.次は

次のガンプラ披露では二度目の登場となるウーンドウォートも別装備とヘイズルシリーズとの共演。あわせて開始したブルーディスティニーの製作導入編の予定です。どうぞお楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です