ガンプラ披露 黒ヘイズル HG 1/144 ガンダムTR-1 ヘイズルカスタム




T3小隊編その2

白いヘイズルカスタムに続き、今回は黒いヘイズルカスタムをご紹介します。


目次

1.ざっくり説明 2.ミキシングでやっちまった談。

3.次はアドヴァンスドヘイズル

1.ざっくり説明

今回の黒ヘイズルはデフォルトの白いヘイズルカスタムをティターンズカラーで塗装しました。コバルトブルー、ミッドナイトブルー、オレンジイエロー、モンザレッドをつかった我が地球圏のティターンズのパーソナルカラーです。

そして、シールドブースターをそろえるためにヘイズルカスタムもう一機、購入し、シールドブースターを流用しています。

白と黒、アドヴァンスドヘイズルに二基ずつ配備するために、ヘイズルⅡを二機。ヘイズルカスタムを一機を購入しています。

アキバや部品注文でパーツだけ購入すればよかったのですが、本体もあればミキシングもできるかと小隊買いしていました。

設定的にはエリアルドの相棒的なカール・マツバラの登場機体なのですが、本作の方では彼はスナイパーでアドヴァンスドヘイズルに搭乗しているんですよね。でもいいんです。ウチのT3小隊ではこの機体がマツバラ機です。

2.ミキシングやっちまった談。

本来は、白ヘイズルと区別するためにカスタムの下半身にトライ・ブースター・ユニットのⅡの上半身をあわせた機体にする予定でした。ですが、当時、放送中のビルドファイターズに影響されてミキシング熱が高まっていたため、ブースターユニットをパワードジムに接着してしまいまして…。まぁ、それは黒歴史として封印しまして、ヘイズルⅡのシールドブースターを白ヘイズルへ。あらたにヘイズルカスタムを購入し、今回の黒ヘイズルにいたります。でもけっきょく、このあとにアドヴァンスドヘイズル用にとヘイズルⅡをあらたに購入はしました。そしてそれはシールドブースター組み立て後、積んでます。ミキシングのやっちまった談です。

この黒ヘイズルも白と同じように弾幕シューティングゲームの主役機、黒なので2プレイヤー機をイメージしています。

ギャプランはもちろん、メッサーラっぽいイメージもある気がします。あちらはジュピトリス系ですが。

高速巡航形態をとりながらの戦闘ポーズです。シールドブースターの燃料は引火性が低く着弾しても誘爆の危険性がないとのこと。この技術も後のシールド兵装化につながったのでしょうか。ジオン軍のギャンのシールドに比肩する技術です。

白ヘイズルのときのポーズが自分の好きなポーズのクセなので、今回は正面から。乱れ撃つイメージです。

3.次はアドヴァンスドヘイズルと…。

T3小隊編、黒ヘイズルいかがでしたでしょうか?ヘイズルシリーズラストはマーフィー隊長機設定のアドヴァンスドヘイズルです。そして強襲装備と称したウーンドウォートもお届けする予定です。水面下でブルーディスティニー2、3号機もつくりはじめました。気長にお待ち頂けたらと思います。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です