ガンプラ披露 HG 1/144 ガンダムTR-1 ヘイズルカスタム




ガンプラ披露 T3小隊編スタートです。

前回のウーンドウォートに続いて、今回はT3小隊の代表的な機体、ガンダムTR-1 ヘイズルカスタムの白い機体から紹介していきます。

目次

1.ざっくり説明 2.ヘイズルカスタム 3.次回は

1.ざっくり説明

小説「ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~」(AOZ)に登場する機体です。主人公エリアルド・ハンターが所属するティターンズのMS実験小隊「T3小隊」のメインMSです。はじめはガンダムの顔が敵味方にどれだけ影響をあたえるかの実験からスタートし、各種武装のテストやデーターを蓄積し、実戦をかさねていくうちに、改修をへて、この形になったようです。

2.ヘイズルカスタム

ガンダムの主人公機といえば白です。別プロジェクトが開発したガンダムMK-Ⅱとて、エウーゴに強奪されZガンダムの主人公、カミーユが乗機としてからは白にカラーリングを変更されました。この白いヘイズルカスタムもAOZの主人公エリアルド・ハンターの機体だろうと思っていました。ところが説明書をよむと、どうやら隊長マーフィー機の模様?でもエリアルドも白にしなかったっけ?だいぶまえに小説を読んでどこにしまったかも思いだせず、確認できませんでしたので…我が地球圏のT3小隊の白いヘイズルカスタムはエリアルドの機体とさせていただきます。強引ですみません。

つや消しホワイトとミッドナイトブルーをメインに塗装しましたが、後のνガンダムに色分けがにて、THE主人公機という感じが気にいっています。

両腕のシールドブースターに加え、ビームライフルも二丁装備だとギャプランを彷彿とさせます。

ライフルをもつと両手がふさがるので、ギャプランではシールドブースターにビーム砲が装備されたという設定でしたでしょうか。

バックパックにつながれたスラスターのユニットにはポリキャップが内蔵されており、ビルドパーツなどをとりつけて武装強化もはかれますが、今回は機動力とビームライフルで敵軍をほんろうするというコンセプトで重武装はしていません。フルアーマーは大好きですが、敵軍からみればビームライフルの二丁装備もじゅうぶん脅威なはずですからね。

ビームライフルに顔の横のグレネードランチャーというスッキリした武装も気にいっています。

ライフルのセンサー部分は前にもかきましたが、シールのあまりをきってはりました。

もちろん、サーベルもありますが、今回は弾幕ゲームのプレイヤー機というイメージもあるのでなくてもよいかなと。

エフェクトつけるとしたらライフルは連射モードですね。

シンプルな武装でみせてくれる機体だと思います。

T3小隊のヘイズルやジムクゥエルはコンペイトウ(旧ソロモン)で開発されたとしてバーニアの裏をオレンジイエローとし、後日紹介するガンダムMK-Ⅱはグリプス製なので赤で塗装し、ティターンズ内での派閥みたいなものを表現しています。エフェクトをつけるとしたら、それぞれの色になるのでしょう。

3.次回は

ガンダムTR-1  ヘイズルカスタム 白ヘイズル編いかがでしたでしょうか?当初の予定では、強襲装備のウーンドウォートをふくめて一回で終わらせる予定でしたが、撮影した枚数が各機とも多くなってので、せっかくならと祭りというかイベントというか、T3小隊編をはじめてみました。

次は黒いヘイズルカスタムの紹介になります。お楽しみに。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。