ガンプラ製作完成編 HG 1/144 ウーントウォンド & ヘイズルカスタム




作りはじめです

やっと、年末年始進行がひと段落した!ということで、一日、引きこもってガンプラ製作をおこないました。ウーンドウォートの組み立てから完成までを。そしてヘイズルカスタムのすみ入れとシールはりをおこないたいと思います。

目次

1.ウーンドウォート  2.ヘイズルカスタム 3.二機完成!

4.続いて二機も

1.ウーンドウォート

年末から製作をはじめたウーンドウォートですが、前回の続きからまずは組み立てから。新規金型+特徴的なデザインということでよく説明書をみながら組み立てます。このウーンドウォート、モビルアーマーに変形しますので、その際に使用する差し替えパーツと変形の仕方、ライフルからクローモードに変わる武器…はて、どこかでみたような…あ、あのMSか!このシリーズ、テスト部隊ですからね。ティターンズ機のあの機体の機構をテストしていたのでしょう。どのMSかについては後日の披露編にて。

組み立てを終え、次はすみ入れです。そのまえに差し替えパーツをオレンジイエローで部分塗装。細筆で塗り、はみ出たところはふきとりとウエザリングカラーで縁取りして仕上げます。そしてすみ入れ開始…と思ったら、連邦軍機でありながらすみ入れ箇所が少ない。というわけで最後の工程であるトップコートへ。

トップコートをふいて乾燥待機の間にヘイズルカスタムのすみ入れとシールはりをおこないます。

2.ヘイズルカスタム

Advance of Z ~ティターンズの旗のもとに~の主人公エリアルド・ハンターの搭乗機をイメージして製作しましたこの機体です。ただ、つや消しホワイトを使用しているため、塗装面がザラつき、ウエザリングカラーやすみ入れ筆ペンと塗るとはみ出た部分をふきとることができません。なので今回は極細のすみ入れペンをつかって作業します。

いぜん披露したアルビオン隊のときのように舞台メイクのようなハッキリとしたラインになるのでやりすぎないようにと注意しましたが、多少、色々とやらかした感じはありますが、これはこれでよしとしましょう。シールはりにすすみます。デフォルト準拠ではっていき、ジムコマンドなどと同型のシールドにはる「TR」もはりたかったのですが、なかなかよい位置がみつからず、今回は割愛しました。それでもやはりガンダム。かっこよく仕上がりました。まずはエリアルド機、完成です。

3.二機完成

我が地球圏のティターンズ・テスト・チーム、通称「T3小隊」のエース機二機が完成です。

ウーンドウォートの武器が長いです。この武器もよいですが、ブルバップマシンガンなどの二丁もちもありかと思いついたので、武器庫をさがしてみます。

ヘイズルカスタムのビフォワー・アフターは披露のときに。どうぞお楽しみに。

4.続いて二機も

続いてマーフィー隊長機イメージのアドヴァンスドヘイズルとティターンズカラーのヘイズルカスタムをすみ入れ&シールはりをしていきたいと思います。

ブルーディスティニーの二機も立ち上げていかないと年50個製作が厳しくなってしまいます。噂のガンプラ製作の息抜きに別のガンプラをいじるという状態にそろそろなりそうです。

2019年も本格的に動きだしたぶちちゃんねるA。どうぞ気長にお付き合いください。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です