ガンプラ製作 塗装編 HG 1/144 ガンダムTR-6 ウーンドウォート




今年最後の……

2018年、最後のガンプラ製作はHG 1/144 ガンダムTR-6 ウーンドウォートの塗装編です。一年の最後にまた勉強させてもらいました。来年につながるであろう塗装中におきたエピソードとウーンドウォート記念に披露予定のヘイズルについてつづってみます。

目次

1.最後の最後でやっちまいました 2.2019にむけての対策

3.ヘイズルも  4.ありがとうございました。

1.最後の最後でやっちまいました。

前回、お知らせしました配色で塗装開始。グレーのサーフェイサーで下地をつくったため、ホワイトが上手く着色するのかと心配しましたが、問題なく着色し、ごぐわずかにグレーがかげる感じもいいかなと、次のコバルトブルーへ。こちらは予定どおりに色がつき、快適に作業終了。残りはわずかなパーツの黄色と赤部分。筆塗りでささっと塗って、大晦日に備えようと思ったら……。

オレンジイエローが着色しない!着色が懸念材料だったホワイトを優先し、後回しにしたのが裏目に。重ね塗りをしたしもののそれでも色の着きかたがよくなく、下地のような状態になってしまったところへ。けっきょくエアブラシで塗装し、なんとか塗装完了。わずかな黄色パーツを塗るだけの工程で重ね塗りにともなう乾燥待機などで時間をロスしてしまいました。ちなみに赤部分のシャインレッドは無事におわりました。

2.2019にむけての対策

今回のやっちまったを教訓とし、対策を考えますと、まずは黄色系はサフせずに成形色の状態で色を塗る。もしくは再びベースホワイトをつかってグレーサフとつかいわける。……ベースホワイトをつかって着色をよくし、重ね塗りの回数を減らす。そして順番も考える。これでいきたいと思います。2018の最後の最後でえた教訓です。2019に生かしたいと思います。

3.ヘイズルも

ウーンドウォート製作の記念にあわせ、未スミ入れ、ノーシールだったヘイズル各機をすみ入れし、シールをはって仕上げたいと思います。こちらもお楽しみに。

4.ありがとうございました。

2018年の9月頃にあらたにはじめたこちらのブログですが、最初はゲームや巨人のことを散発に更新していましたが、最近になってガンプラ中心にお届けするようになり、適度に更新することができるようになりました。2019年もガンプラのことをメインにシーズンがはじまれば巨人のことも、余裕ができればゲームのこともお届けできたらなと思っております。まずはガンプラのことで毎日、更新することを目標につづっていく予定です。気長にお付き合いください。

2018年も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

2019年もよろしければ、ぜひ。

よいお年を。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です