ガンプラ披露 HG 1/144 ジムスナイパーカスタム




冬のジムスナ祭りのトリ

突発的にはじめました冬のジムスナイパー祭り、トリを飾るのはHG 1/144 ジムスナイパーカスタムです。ほぼオリジナルのカラーリングに仕上げました。

ジムスナイパーとジムスナイパーⅡとの揃い踏みも実現です。

目次

1.ざっくり説明 2.ビームサーベル 3.ビームスプレーガン 

4.ビームライフル 5.年内に

1.ざっくり説明

ジムの量産に成功した連邦軍のエースパイロットむけに開発された機体です。このスナイパーカスタムという呼称もエース専用機という意味合いが強いようです。

ガンダムに匹敵する性能をもったジムの元祖ですね。

エースパイロットによって武装がことなるそうです。そしてそれを再現して下さいといわんばかりの部分があります。

バックパック側面の四角のハッチ部分ですが、はずれます。そしてポリキャップ内蔵です。ということはビルドパーツや他の機体のパーツをとりつけることが可能です。ア・バオア・クーに参戦したエースパイロットたちに思いをはせ、カスタムすることが可能です。今回は割愛しましたが二番機以降ではカスタムしようかと思います。

2.ビームサーベル

こちらも元祖といってよいでしょう。いまやビームトンファーともよばれる腕に装備されたビームサーベルです。

そしてバイザーですが、組み立てているときに感じた違和感。それはバイザーにスナイパーⅡのようなセンサー的な意匠がないこと。

このスナイパーカスタムのバイザーはどうやら格闘戦時におけるセンサーの防護装置だったようです。得心がいったのと記憶のナノレベルでそういえばそうかと思い出したような感覚が。負け惜しみですが。

確かにジムのセンサーは格闘戦で壊れやすそうです。

バイザーがおりてセンサーの感度アップという間違った固定観念からあとで紹介するビームライフルではバイザーがおりておりますがご容赦下さい。

3.ビームスプレーガン

ジムといったらビームスプレーガンでしょう。

MSDシリーズでリニューアルになるのでしょうか。とても出来がよいです。

ゲームのサイドストーリーズでジオン側でプレーするとビームスプレーガンですらチートレベルの破壊力で戦慄しますからね。

ビームスプレーガンもさることながら肩のアポジモーター部分が動くのも個人的に気にいっております。

4.スナイパーライフル

それがエース専用機の異名であってもやはりスナイパーの名を冠し、狙撃銃を意識させるビームライフルを装備している以上、やはり同じ名をもつ機体とならばせないわけにはいきません。冬のジムスナ祭り、フィナーレを飾るのはスナイパー三機の揃い踏みです。

三機それぞれ色をかえてよかったです。ではさっそく狙撃ポーズを。

織田信長軍の三段撃ちをイメージして。

敵空戦部隊を一掃のかまえです。

やはり最新のキットだけあって下半身もよく動きます。さらに安定しているのが胴体部分で前の構造にもどったおかげではずれることがなくなりました。

今後、随時、エフェクトをつけた写真にかえていけたらなと思っております。

5.年内に

冬のジムスナイパー祭り、HG1/144 ジムスナイパーカスタムのガンプラ披露いかがでしたでしょうか?

自分的には再三つづっておりますようにMSVの連邦側のフラッグメカともいうべきキットを最新HGでつくれたこと。バイザー部分の認識をあらためることができたこと。モビルスーツの開発の系譜などを検証して再設定するMSDの企画をしっかり楽しめました。

キットはパーツ数も少なく、その上で可動範囲もカスタムしがいのある良作です。興味のある方はぜひゲットして自分好みのエース機に仕上げて下さい。

自分は残り三機をティターンズ、エウーゴにしてあと一機はどうするかといったところです。

2018年も残り1週間。なんとかウーンドウォートを完成させたいところです。

どうぞお楽しみに

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です