HG 1/144 ジムスナイパーⅡ ガンプラ披露




冬のジムスナイパー祭り 第二弾

「ジムスナイパーといえば、最近はこの機体かな?」

というわけで、冬のジムスナイパー祭り第二弾はジムスナイパーⅡです。

目次

1.ざっくり説明  2.バイザー 3.スナイパーライフル  

4.ビームライフル 5.おススメ

1.ざっくり説明

OVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に登場した機体です。

ジムコマンドと同じくカタログスペックならガンダムに匹敵する性能を持ち

単機で敵ジオン軍のガンダム級のゲルググを相手できると称されるMSです。

ただ、同作品だとジオン軍の特殊部隊サイクロプス隊の引き立て役として

描かれています。

ガンダムクラスといえど、サイクロプス隊にかかれば敵ではないという物語上

仕方がないポジションですね。高性能機がきられ役をつとめると主役の部隊が

輝くものです。

ゲームや小説「コロニーが落ちた地で」などですとガンダムにかわる主役機と

して大活躍します。自分もサイドストーリーズでプレイしてジムスナイパーⅡの

魅力を再確認しました。

そしてこの機体の有名な設定としては後のZガンダムに登場するネモという

機体がありまして、そのネモを開発したエンジニアたちは

元はこのジムスナイパーⅡを開発したチームのメンバーだったというのが

あります。それを彷彿とさせるのがこの後姿。

ほとんどネモです。作っているときにもどこかでみたような…と思って

説明書を読んでなるほどと思った記憶があります。

カラーリングは本体色に水色。胴体などをインディブルー。

関節はグレー。赤部分はモンザレッドです。

2.バイザー

スナイパーといえば狙撃用の武器が必須ですが、このバイザーもあると

落ち着きます。

そして自分はこの戦闘モードという雰囲気が好きで、アクションポーズをつくる

ときはバイザーをおろしています。

ガンダムとは違った主役機感が好きです。

3.スナイパーライフル

代名詞であるスナイパーライフル。

ポケットの中の戦争(ポケ戦)では印象が薄いと思っていたらつかって

いなかったようですね。

ジージェネシリーズなど、ゲームでもビームであったり実弾であったりして

後のF90Lのロングライフルのように両方いけるのかと思っていたら

実弾で設定が統一されていました。

4.ビームライフル

キットの付属火器はスナイパーライフルとブルバップマシンガンなのですが

撮影時に見つからなかったのでヘビーガンダムのビームライフルをもたせてみました。

さすがユニバーサル規格。最新のキットの武器もちゃんと装備できます。

バイザーオープンで撮影しました。やはりビームライフルをもつと雰囲気がエースです。

バイザーをおろすとクールな感じがあります。

前回のジムスナイパーは地上戦仕様だったので今回は空間戦をイメージして

アクションベースをつかっております。

数年前にリリースされたキットですが、股間節と太腿の部分は最新キットに

通じるところがあるのでジムスナでやった狙撃ポーズも可能です。

狙撃ポーズはスナイパーカスタムの完成時に三機勢ぞろいで撮影したいと思います。

5.おススメ

別バージョンでガンダムビルドファイターズ(GBF)に登場した機体もあり

陸戦型ガンダムやジム、GBF系の武器パーツももたせることができると思うので

カラーリングと武器で色々な楽しみ方ができるコストパフォーマンスのよいキットです。

ちなみに自分もGBF機を含め、あと二機、所持しておりまして

一機はコロニーが落ちた地でのホワイトディンゴ隊風にカラーリングしました。

GBFの方は…塗装に目覚める前に火器パーツを全部盛りで接着してしまい

どうしたものかとしまっている状態ではあります。

披露する機会がくればよいのですが。

製作する自由のあるキットなので、おススメです。

次回はジムスナイパーカスタムといきたいところですが

パーツわけと部分組み立てが終わったところなので

次の披露はまた別の機体になるかと思います。

気長にお付き合いください。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です