ガンプラ披露 HG 1/144 ジムクゥエル




「ジム系で一番カッコイイのはジムクゥエルだ!」

そういっても過言ではないMSだと思っております。

ジムクゥエルが今回のガンプラ披露で紹介する機体です。

ORIGINザクⅡと同じように三機で一部隊の小隊編成でお届けします。

目次

1.ざっくり説明  2.メディア人気! 3.買った動機といえば

4.一番機  5.二番機  6.三番機  7.ローアングルで

8.ティターンズも

1.ざっくり説明

OVA「機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー」に登場したMSです。

新設されたティターンズの初期の量産型MSとして

ジムカスタムをベースに開発され

おもにスペースノイドの反乱鎮圧、治安維持に投入されました。

小説「ADVANCE  OF Z ~ティターンズの旗のもとに~」では

ガンダムヘイズルのベース機としても登場します。

2.メディアで人気!

0083に登場したとはいえ、シーンはエピローグの新設されたティターンズで

整備される姿の1コマのみ。バトルシーンなどの動いている姿は映像作品では

ないと思われます。

ジージェネレーションシリーズをはじめとしたゲームや

ADVANCE OF Z(AOZ)での活躍やヘイズルとのバリエーション機体の原型

としてのポジションからHG化されたのでしょう。

3.買った動機といえば

いつぞやのウーンドウォートの入荷編か製作予定の回でもつづりましたが

AOZの物語にふれたのは最近でしたので、買った動機としては

「ああ、0083とジージェネのあの機体ね。

ティターンズカラーにも挑戦してみるか」

ぐらいの気持ちで買ったのを覚えています。

4.一番機

我が地球圏の地球連邦軍特殊部隊ティターンズの栄えある一番機である

ジムクゥエル。

そのカラーリング、本体色のティターンズカラーはコバルトブルー。

ミッドナイトブルー、オレンジイエロー、モンザレッドを使用しております。

後日、紹介するであろうヘイズルシリーズやガンダムマークⅡもこの配色です。

このときにはエアブラシ塗装だったような気がします。

完成したらそのカッコよさにハマってしまい、二番機、三番機、ヘイズル…

と積んでいった記憶があります。

5.二番機

続いて二番機です。

めずらしく左手が平手ということで両手持ちができます。

ジムライフルがジム系の武器で一番好きと公言していますが

このジムクゥエルではじまったのかもしれません。

両手持ちをすること特殊部隊の雰囲気が出てきます。

6.三番機

三番機は箱絵をイメージしてビームサーベルですが

右の握り手が見当たらなかったのでジムスナイパーのものを流用。

サーベル刃も最近のものつかっており、長めです。

7.ローアングルで

地球連邦に造反するスペースノイドを鎮圧する部隊ということで

反乱勢力の側からみたという設定で撮影してみました。

いまだエウーゴは存在しないということでMSはなく

地上部隊という設定でもありますね。

それでもヘリや高層ビルからの視点ということで上からも。

一小隊同じ装備となると鎮圧部隊の雰囲気が高まります。

8.ティターンズも

このジムクゥエルがスタートでヘイズルやマークⅡのほかにも

ペイルライダー陸戦重装備型やマラサイもこのティターンズカラーで

塗装しており、積んでいるアクトザクや

ペイルライダー空間戦闘型もティターンズカラーで塗るつもりでは

います。

いま製作中のジムスナイパーカスタムも四機ほどあるので

一機はと思います。ハイザックもこの色で塗りたいなとは

思いますが、積むのは控えております。

なんとか一体でも多く、組んで塗って仕上げていきたいと思います。

毎度のことですが気長にお付き合い下さい。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です