ガンプラくらべ 小隊編 HG 1/144 MS-06R 高機動型ザク




「MSVといえば、06Rでしょ!

そしてジョニー・ライデンの06R-2でしょ!!」

MSV=モビルスーツバリエーション、ジオン軍フラッグメカ

MS-06R 高機動型ザク。

自分のような古株のガンオタにとって06CやFタイプがザク。

06RがザクⅡと呼ばれることの方がしっくりきます。

今回のガンプラくらべ 小隊編はジョニー・ライデン専用機に加え

彼の部隊「キマイラ」所属の隊員専用機風に塗装した06Rたちを紹介します。

 

目次

1.ざっくり説明  2.ジョニー・ライデン専用06R-2

3.ユーマ・ライトニング専用機  4.ジョニ子専用機

5.ジャコビアス専用機  6.キマイラアタック

 

1.ざっくり説明

MS-06R 高機動型ザク 自分は06Rと呼ぶのが好きです。

車の86、GT-Rに通じるTHE高性能機という雰囲気がするからです。

この06Rは黒い三連星、白狼ことシン・マツナガをはじめとした

エースパイロットに配備され、稼働期間は短かったものの

多大な戦果をあげました。

「連邦の戦艦を撃沈するよりも06Rを愛機にすることのほうが難しい」

と、ジオン軍兵士たちにいわしめたほどの性能を有したMSです。

まぁ、高性能ゆえに整備やコストが高くつき、ドムに次期主力の座奪われる

わけではありますが。

高性能ゆえに量産不可…。

これは連邦でいえばガンダムではないでしょうか?

ドムでもなくゲルググでもない

ジオン軍の真なるガンダム級のMSがこの06Rなのです。

 

2.ジョニー・ライデン専用06R-2

まずは真紅の稲妻ジョニー・ライデン専用機から。

R-2とよばれるこの機体。

次に紹介するR-1との見分け方は脚部分のカバーがあるかないかでしょうか。

ざっくりな見分け方です。本当はプロペラントタンク等々あるのですが

すでに解説は世の中にあふれているかと思いますのでので割愛します。

HGUCで発売が決定されたときは嬉しかったです。

「ゲルググの皮を被ったザク」

なかなかのパワーワードです。

旧シリーズでは1/144についていなかった

06R-2の代名詞でもあるジャイアントバズも標準装備です。

こちらも素組してあったものをバラシして塗装という形です。

塗装方法は筆塗りですね。

時期は忘れてしまいましたが

当時、好きな機体なのに仕上がりに満足せず

筆塗りはむいていないかもと思い、次の作品からエアブラシ塗装に

切り替えました。そのきっかけをくれた機体です。

 

3.ユーマ・ライトニング専用機

続いてはマンガ「機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還」に

登場するジョニー・ライデンの部下、ユーマ・ライトニングの専用機風に塗装した

機体です。

元の機体は黒い三連星仕様のR-1です。

ORIGINシリーズがスタートしてそちらでも黒い三連星専用がリリースされたので

黒い三連星バージョンはそちらで実現させるとして、こちらはキマイラ隊にしようと

いうことで、漫画の表紙やゲルググなどを参考にして

仕上げました。ホワイト、水色、ネイビーブルーをつかったかと思います。

エアブラシ塗装です。

武器がF2タイプのマシンガンにしたのは新兵器の実験部隊でもあった

キマイラ隊なので後期型F2の武器のテストや先行配備ぐらいはして

いただろうという設定です。

二丁持ちはジョニーの後に続いて乱射しそうなイメージからです。

劇中でのあのパイロットとの戦闘が印象に残っていたからかもしれません。

 

4.ジョニ子専用機

こちらもユーマと同じくジョニー・ライデンの帰還に登場する

ジョニ子ことイングリット・ゼロの専用機風にしてみました。

キマイラ風にした動機はやはりこのマンガの中にあります。

色の塗り分けはユーマ機によせて

配色はマンガの別の機体やジージェネレーションジェネシスの専用ギャプランを

参考にしました。

武器はユーマがマシンガンならジョニ子はバズーカだな。

という感じです。

今回の撮影前までは普通のザクバズーカを二門装備していましたが

ORIGINバズーカの方がかっこよかろうということで変更してみました。

ジョニー・ライデンの娘?妹のような立ち位置な気がしたので

親代わりの上官がジャイアントバズなら娘はザクバズーカという

決め方も理由のひとつです。

実はジョニ子専用機にと思っている機体が積んであります。

プレミアムバンダイから発売されたあの重装機体です。

製作時期は不明ですが。

 

5.ジャコビアス専用機

副官ポジション、スナイパーのジャコビアス専用機です。

左足のパイプパーツがどこかにいってしまいました。

ジャコビアスの特徴的なラインもめずらしく再現してみました。

マスキングしたにもかかわらずゆがんでいるのは今後の課題ということで。

ORIGINザクⅡの対艦ライフルをもたせました。

さすがザク系の武器、06Rにも似合います。

顔にセンサーユニットを製作できたらという感じですが

それも課題にします。

 

6.キマイラアタック

最後に全機総攻撃ということで。

アクションベースのパーツの関係からジョニ子とジャコビアスの位置が

逆ですが、これはこれでよしとしましょう。

今回のガンプラくらべ小隊編 HG 1/144 高機動型ザク いかがでしたでしょうか?

ジオン軍の高性能機のよさが伝われば幸いです。

そしていよいよジョニー・ライデン専用ゲルググの披露編です。

どうぞお楽しみに!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。