HG 1/144 ジムスナイパーカスタム & ウーンドウォート




「次は連邦の機体を作るぞ!」

鋭意製作中のジョニー・ライデン専用ゲルググですが

塗装もひと段落し、乾燥中ということで次に作るガンプラを決めました。

HG 1/144 ジムスナイパーカスタムとウーンドウォートです。

ORIGINザクⅡ、ジョニゲルとジオン軍が続きましたから

今度は連邦軍を続けてみようかなと思います。

 

目次

1.プレミアムバンダイ  2.ジムスナイパーカスタム

3.ウーンドウォート  4.ティターンズ

 

1.プレミアムバンダイ

次に製作予定の二体もプレミアムバンダイ、略してプレバン商品です。


利用するとやめられませんね。

いわずもがなのジョニゲルはもちろん、ペイルライダー

ピクシー、イフリートシリーズ…。

ついつい頼みすぎてしまいますね。

財政、製作的にも冷静な計画が必要な今日この頃です。

 

2.ジムスナイパーカスタム

まさかHGでジムスナイパーカスタムが作れる日がこようとは…。

ジョニー・ライデン専用ゲルググと同じぐらいの感慨があります。

MSVシリーズの連邦軍側のフラッグメカとしてフルアーマーガンダムと

双璧をなす機体ではないでしょうか。

MSVをふくむ開発の系譜を再検証する企画のMSDシリーズ。

自分のようなオジサンモデラーにはたまらない企画ですので

ぜひ今後も続けてほしいです。

カラーリングはグリーン系か

ガルグレーとブルーグレーでいくかを検討中です。

ひょっとしたらティターンズ系でいくかもしれません。

 

3.ウーンドウォート

外伝小説、ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~

登場の機体ですね。

実は自分、作品と存在は知ってはいたものの

PS4のジージェネレーションジェネシスをプレイして興味を

もつまでは原作小説を読んだことがありませんでした。

ゲームでのチートレベルの高性能に驚いて

「グリプス戦役にどう関係したのか?」

気になって小説を読んだ記憶があります。

そしてウーンドウォートの発売。

基本、グリプス戦役序盤の機体しか買わない方針ですが

逃したら後悔すると迷わず二機購入しました。

二機のうち一機は青系のティターンズカラーにしますが

今回はデフォルトカラー準拠で塗装の予定です。

 

4.ティターンズ

じつはティターンズもけっこうな数をそろえております。

ウーンドウォートのからみでいけば

ヘイズル各機、ジムクエル数機。

Zガンダム本編でいきますと

マラサイ、ガンダムマークⅡ数機。

ガンダムマークⅡはティターンズカラーに目覚め

さらにビルドファイターズシリーズの武装にもはまり

積プラでスーパーガンダムとリヴァイブ版も控えております。

リヴァイブ版はいわずもがなスーパーガンダムは

Gディフェンサーともどもティターンズカラーにします。

ぶち・こ・ぽーろの地球圏ではティターンズはガンダムマークⅡを

奪われておらず、エウーゴのスパイもしくは

Gディフェンサー等の追加武装共同開発の過程で情報を得たアナハイムが

エウーゴ版のガンダムマークⅡを開発したという設定にしております。

この逆でトライエイジのCMでみた

Zガンダムのティターンズ版もいけそうです。

アナハイムがイノベーターレベルでヤバい組織な設定ですね。

二次創作の夢も広がるガンプラ。

まさにガンプラは自由!

そんな自由な物語も想像できるようなガンプラを作れたらいいなと。

またあらたなモチベーションができましたね。

まずはジョニゲルの完成をめざします。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です