HG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググ ガンプラ製作編その1




「いよいよ作るときがきた!」

あらたに作るガンプラは

プレミアムバンダイより発売

HG 1/144 ジョニー・ライデン専用ゲルググです。



目次

1.いよいよ  2.ベースは(パーツ分け&部分組み立て)

3.サーフェイサー 4.カラーリング  5.前夜祭?

 

1.いよいよ

長年、待ち続けたジョニー・ライデン専用ゲルググ。

高機動型ゲルググともゲルググB型ともいわれております。

この始祖とも兄弟機ともいえるゲルググの方はキット化されておりまして

なんとゲルググキャノンとコンパチということで

キャノン型のバックパックや装備、頭もついてボリューム満載の内容と

なっております。

なぜ、さきにゲルググの話しをしたかといいますと

キャノン装備と一緒に高機動型の装備もついていると

長い間、勘違いをしておりました。

その後、すぐに高機動型も出るだろうと思って、幾星霜。

待ちに待った高機動型ゲルググ、ジョニーライデン専用機。

嬉しさからかめずらしくORIGINザクⅡの塗装待ちのときから

組み立てを開始しておりました。

2.ベースは

(パーツ分け&部分組み立て)

まずはいつも通りのパーツ分けと部分組み立ての工程です。

良作のゲルググもリリースされてから時間が経過しており

最近のフレームに装甲をつけていくスタイルではないのが

新鮮でした。

頭、胸や上腕の色違いの余剰パーツがでました。

この余りパーツもかなり増えたのでフレームさえあれば

オリジナルの機体が作れそうです。

 

3.サーフェイサー

続いてサーフェイサー吹きです。

前回のザクⅡにくらべて曲線部分の面積が広いぶん

吹くつけ方法も広範囲設定にして吹きつけます。

ただこの場合、大量に噴射してしまうので加減をミスると

垂れたり、溜まった厚みができたりするのですが

今回は大丈夫でした。

仕上がり面もいい感じです。

HGでこのパーツ量、MGやRGだともっと大変そうです。

お決まりのカラーで塗装しなくてもいいかとまた思う

ロケットランチャーとバックパックです。

実は組み立てのときにトラブルがおきまして

バーニアのユニット部分が折れて二つに分かれました。

腰のフロントアーマーのように繋がっていますが

分割してもOK。独立可動できる仕様のようなので接着せずに

そのままいけるかと思います。

 

4.カラーリング

今回、つかう予定のカラーは

真紅の稲妻の本体色にモンザレッド

胸や上腕、太もも、足にブラック

関節や武器にグレー(ネズミ色)の三種です。

ただ武器のロケットランチャーとビームライフルは

ブラックにするかも知れません。

 

5.前夜祭?

ついにはじまったジョニー・ライデン専用ゲルググの製作。

念願かなった影響か製作ペースが順調な気がします。

11月中の完成と披露を目指します。

また前夜祭?ということで過去作の披露編で

ジョニー・ライデン専用のMS-06R高機動型ザク。

パーソナルカラー準拠で真紅に塗装したギャンクリーガーの

紹介も予定しております。

MS-06Rの披露のときはユーマ、ジャコビアス、ジョニ子専用風に

塗装した高機動型ザク数機も披露したいと思います。

 

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。