HG 1/144 ザクⅡ C型/C-5型  ガンプラ披露編




「リアルグレードみたい!」

もちろん当社比。

だいぶ主観のはいった親ばか発言をしたくなるほど

自分的には満足に仕上がった

HG 1/144 ザクⅡ C型/C-5型の披露編をお送りします。

 

目次

1.ざっくり機体説明  2.ベルト給弾式MS用マシンガン

3.MS用マシンガン  4.MS用対艦ライフル ASR-78

5.MS用バズーカA2型  6.ヒートホーク

7.気分がよくなってつい

 

1.ざっくり機体説明

機動戦士ガンダムに登場するジオン軍の量産型モビルスーツ。

物語の表の主役がガンダムなら裏の主役、そして名やられ役、斬られ役が

このザクⅡですね。

このザクⅡの開発量産に成功したからこそ

国力差30倍はある地球連邦軍に対し、ジオン軍は先端を開くことが

できたといわれております。

自分もそうですがより詳しくしりたい方は THE ORIGINシリーズの

鑑賞をおススメします。

トリコロールカラーのヒロイックなガンダムに対し

緑系のTHE兵士というデザインのザク。

量産型というポジション上、主役機のガンダムに片端から撃ち落されていきますが

このザクⅡを代表とする量産機で

高性能な主役機ガンダムタイプに

戦いを挑んだパイロットたちのドラマがあるからこそ

ガンダムシリーズが40年も続いた理由の一つではないでしょうか。

この量産型のザクⅡがあるからこそ

シャアザクをはじめとしたエース専用機やグフ、ドム、ゲルググはもちろん

ガンダムが輝くのでしょう。

主役のガンダムタイプはもちろん、そのライバル機ですら3機配備という

総量産機時代の昨今、あらためて量産機の元祖、ザクⅡのかっこよさを

お伝えしたいと思います。

 

2.ベルト給弾式MS用マシンガン

コミック版のTHE ORIGINが初登場ではないかと思われる

ベルト給弾式MS用マシンガン。自分はORIGINガンと呼んでいます。

今回、はじめて本格的に装備させ、写真撮影してみました。

一番機も二番機もバズーカなどを優先してあまり

いじる回数はありませんでした。

でもこうしてみるとかっこいいですね。

コミック版のイメージから地上戦を意識して

アクションベースは使わずに撮影してみました。

 

3.MS用マシンガン

ザクマシンガンですね。こちらの呼び方のほうがしっくりくる世代です。

こちらはベルト式より取りまわしがきくということで

空間戦闘を意識してアクションベースを使ってみました。

左の平手をつかってストックをお支えるかたちの撃ち方で。

モニター正面でとらえた感じで見えてますでしょうか。

僚機の横に映った風に。

 

4.MS用対艦ライフル ASR-78

ORIGIN映像化で初登場と思われるMS用対艦ライフル ASR-78

ついにザクⅡのC型までロングライフルをもつ時代がきたかと

感慨深いものがあります。

アクションベースをつかっていますがなくても

かまえてポーズをとることが可能です。

 

5.MS用バズーカA2型

ザクバズーカと呼んでいいものでしょうか。

昔はマガジンがついておらず

つきはじめたのは第08小隊の頃ぐらいからでしょうか。

いまではシールドに予備のマガジンまでつくようになり

これも今回はじめてつけてみました。

持ちかたですが、前のグリップを左握り手を組みかえて

持つことが可能ですが、ポーズが窮屈になりそうだったので

自分は平手をそえるようにして、持っている感じにしています。

過去のザクバズーカとくらべるとボリュームアップしており

ドムのジャイアントバズに引けをとりません。

 

6.ヒートホーク

最後の武器はヒートホークです。

リヴァイブ版ガンダムの回でビームサーベルに対し

ヒートホークでは不利だとかきましたが

今回の撮影で考えをあらためました。

なぜなら…。

かまえたらかっこいいからです。

籠手とシールドでコックピットを守りつつ、懐に飛びこめば

ガンダムとて倒せそうです。

そんなわけでコマ撮り風に。

戦場の絆の雰囲気がでたら嬉しいです。

コマ撮りの方法を勉強しなくては。

 

7.気分がよくなって

HG 1/144 ザクⅡ C型/C-5型 ガンプラ披露編

いかがでしたでしょうか。

キットの完成度がよいので自分ぐらいの腕でも気分がよくなる

仕上がりになりました。

40年たっても通用するザクⅡ。

大河原先生とバンダイの技術力の偉大さを

再確認することができる製作期間でした。

今後の予定としましては、ザクⅡで一番機、二番機とのくらべ編。

製作編ではジョニー・ライデン専用ゲルググをお送りしたいと思います。

プロ野球がオフシーズン。ゲームは時間の都合で。

いよいよガンプラ中心のブログになりそうですが

気長にお付き合い頂けたらと思います。

 

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です