ガンプラ製作その2 塗装編 HG 1/144 ザクⅡ C型/C-5型




「思った以上に早く終わりました」

ORIGINザクこと、HG1/144 ザクⅡ C型/C-5型の塗装が

終了しました。

今回は製作その2ということで塗装編をお送りします。

目次

1.よもぎ色部分  2.はじめたころは…  3.グリーン部分

4.ブラック部分  5.グレー部分  6.次の工程

 

1.よもぎ色部分

HGUCのザクⅡやF2型を塗装しようとしたときに

アキバヨドバシで見つけた「よもぎ色」。

調色をしない自分にはありがたいほど、ザクの色に近いので

以来、重宝しています。ストックがあと2瓶ほどあったりします。

使用するのは薄めなくてもよいとされる水性塗料ですが

一応、薄め液をつかって多少は希釈します。

その方法は塗装皿(たしかこの名称です)という小さい銀色の皿が

あるのですが、その皿一杯分の薄め液を直に塗料瓶に注ぎます。

あとは二分ぐらいかき混ぜて使用します。

かなり大雑把ですね。でも適度な粘度でエアブラシもつまったりしません。

ちなみに毎回、シールドの塗装にはこだわってしまう癖があります。

 

2.はじめたころは…

タミヤ製ではラッカー、アクリル等の性質の違いがあるとは知って

いましたが、クレオス社製では蓋が凸状のもの以外は全部一緒だろうぐらいの

認識しかありませんでした。

とうぜん、水性はどれも一緒だろうと。

でも違うのですよね。

水性にも種類がありまして

ノーマルの水性と水性アグリッションというのがあるのです。

この二種類、ほぼ別モノです。

アグリッションは専用の薄め液を必要としますし

粘度や着色の仕方も違います。

でも駆け出しのころはわからないもので…。

混同してつかい、惨憺たる結果になったりで

途中でやめたくなった時期もありました。

ただ何かのきっかけで別ものと理解し、いまにいたっております。

これはモデラーあるあるなのでしょうか?

それとも自分だけでしょうか。

いまとなってはいい思い出です。

 

3.グリーン部分

つや消しのトップコートをふくのがもったいないぐらいに

表面がキレイに光っています。こちらもよもぎ色同様にストックがあって

早く使わないとなぁなどと思っています。

 

4.ブラック部分

ミッドナイトブルーとそんなに変わらないだろうということで

ブラックを使用しました。以前はホワイトともにつや消しを

つかっていましたが、つや消しだと塗装後に乾いた仕上がりになり

違和感を感じるので光沢ありにもどしています。

こちらもきれいな塗装面になりました。

 

5.グレー部分

下地にグレーのサーフェイサーを使ったことで塗るときに難儀するかと

予想したグレーですが、杞憂におわりました。

むしろ他の色も同様でグレーサーフェイサーのほうが着色がよいように

感じられ、作業時間も短縮できた気がします。

ベースホワイトの運用を間違えていたのかもしれません。

 

6.次の工程

そして次の工程は組み立て、すみ入れ

バックパックと脚部分のアポジモーターの部分塗装です。

シール貼りとトップコート吹きもすませて完成まで

いきたいところではありますが。

さて部分塗装。

たいして筆塗りを極めずにエアブラシ塗装に移行したので

実は苦手です。

ここを乗り切れば完成度も高まりますが、どうなることやら。

結果をお楽しみに。

 

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です