ガンプラ披露 HG 1/144 ガンダム リヴァイブ版




「シンプル・イズ・ベスト」

重武装、激盛が流行の中、王者の風格と申しましょうか

ガンプラの良さを最適解で表現しているのが

このHG 1/144 ガンダム リヴァイブ版ではないでしょうか。

過去作、くらべ編につづいて単体のときの披露編。

ガンダムからスタートです。

 

目次

序.機体説明

1.おススメ  2.ビームライフル  3.ビームサーベル

4.ハイパーバズーカ  5.両手持ち  6.シンプル・イズ・ベスト

 

序.機体説明

いわずも知れた初代ガンダムです。以上、説明終わり。

と、済ませたいぐらいですが、一応さらっと説明しますと

ジオン軍のモビルスーツ(MS)、ザクに後れをとった地球連邦軍がV作戦と称して

開発した連邦のMSです。初代の頃は連邦初のMSという設定でしたが

近年のオリジンやMSDなどで設定が変わってきているような。

そのあたりは、歴史で北条早雲は一介の浪人から下克上をして

関東の支配者になったという説から

実は室町幕府から派遣されたエリートで関東の問題を

クリアしていく過程で戦国大名になったという説が研究によって

証明されたという感じで最新のガンダム世界を楽しみましょう。

少々、わかりにくい例えでしたが

主人公のアムロが偶然に乗機としたことで伝説的な活躍をした

MSです。これ以上のことはキリがないので割愛します。

 

1.おススメ

ガンプラをはじめたい方で何を買ったらわからないという方がいたら

迷わず、この1/144 HG ガンダム リヴァイブ版をおススメします。

主役機。

お手頃価格。

作りやすい。

かっこいい。

量販店やネットでも1000円ぐらいの価格です。

自分のような無加工の塗装素組モデラーでこのカッコよさです。

組み立ても簡単です。強いていえば顔の部分ですが

目の部分のシールはりをミスったとしてもクリアパーツもあるので

ガンダムマーカーのすみ入れペンがあれば安心です(油性マジックの極細も可)。

 

 

 

 

 

 

 

自分もシックリいかなく、プラパーツの方を塗装しました。

あとはアンテナの部分をなくさずに組み立てれば

あとはスムーズに完成までいけるかと思います。

カラーリングはつや消しホワイト。

インディブルー。シャインレッド(モンザレッドかもしれません)。

オレンジイエロー。グレー、ブラック(目の部分)。

すみ入れはガンダムマーカーのグレーすみ入れふでペンです。

 

2.ビームライフル

そして武装も豊富です。まずはメインウエポンのビームライフルから。

スコープ部分は別パーツで黄色系です。可動もします。

肩の稼働域も広いので躍動感のあるポーズが再現可能です。

「そこ!」とアムロの声とともにビーム音がしそうです。

 

3.ビームサーベル

こちらもガンダムの代表武器であるビームサーベルです。

写真では左手にもたせていますが右手首を交換することで

右でももたせることができます。

最近のサーベル部分クリアパーツのできがすばらしく

「この長さだとザクのヒートホークで対抗するの厳しくないか?」と

心配してしまいます。それほど必殺武器としての迫力があります。

 

4.ハイパーバズーカ

ビーム兵器を標準装備した初のMSとして有名なガンダムですが

実弾兵器も使用しておりまして、それがハイパーバズーカです。

アムロが好んで使ったということもありまして

その後のアムロの機体では装備されていることがほとんどですね。

ビームライフルのもち手を使うことで右手にもつことができます。

ちなみに背中の腰の部分にマウントすることができます。

シールドも左腕とランドセルにマウントできるほか

左手にもつこともできます。

ややバランスに気をつける必要がありますのでポージングの際はお気をつけを。

 

5.両手持ち

ビームライフルの両手持ちもできます。

いわゆるスナイプショットの形でしょうか。

ビームライフルのトリガーグリップの前のサブグリップとも

いうべき部分が稼働し、左手首を組み替えてもたせることができます。

この目次の順番に撮影していきましたが

このときにはテンションがあがり

「いいよいいよ」

「かっこいいよ」

などとつぶやいていました。

グラビアカメラマンの気分です。

 

6.シンプル・イズ・ベスト

まさにこの言葉が似あう機体。

あらためてガンダムのかっこよさを確認することができました。

最後にガンキャノン編でやり残した劇場版編成を撮影です。

斜に構えたカイ機(リヴァイブ版)。

存在感を主張するハヤト機(初期版)が結果的にうまく表現できたような。

これもありかもと思っていただけたら嬉しいです。

 

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。