HG 1/144 イフリートナハト & イフリート ガンプラくらべ




ガンプラくらべ、二回目はイフリートシリーズから

イフリートナハトとイフリートです。

先日完成したイフリートとどれくらい違うのでしょうか。

さっそくくらべてみましょう。

 

目次

1.イフリートナハト  2.カラーリング  3.頭胴体背中

4.右横  5.左横  6.俺たちの戦いは続く

 

1.イフリートナハト

プレイステーション3ソフト「機動戦士ガンダム戦記」に初登場した機体です。

元はジオン軍の幹部マ・クベの専用幾として開発されたMSでしたが

連邦軍に接収後、基地に保管されていたところを

ジオン軍特殊部隊インビッシブルナイツに奪還され

その隊長のエリク・ブランケの搭乗機として活躍することになります。

プレイステーション4ソフト「SDガンダム ジージェネレーションジェネシス」にも

収録されていますね。

隠密作戦用の機体としてか、忍者のようなコールドブレード、コールドクナイをはじめ

三連ガトリング砲などを装備しております。

これもまたイフリートと大きく異なりますね。

 

2.カラーリング

製作過程を少し振り返ります。

素組みなので主にカラーリングです。

胴体部分はコバルトブルー。頭、腕、脚はパープル(紫)。

関節はグレー。黒部分はミッドナイトブルーです。

 

3.頭胴体背中

頭はイフリート改と同じです。

イフリート独特の胴体部分ですが、隠密行動を主眼においているからか

胸のダクト部分がかわっております。

そして背中もかわっています。

バックパックとスカートが別物です。

スカートにもバーニアがついてます。

 

4.右横

ナハトの右の籠手には装飾がなくこの部分も忍者的でしょうか。

コールドブレード、ナハトブレードともいいますが

忍者刀のようなので逆手にもたせて気にいっています。

ちなみにこのナハトブレード、鞘に納刀することもできまして

塗装による厚みを考えて、はじめてヤスッてみました。

腰と脚にクナイを専用のパーツでマウントしてあります。

肩と脚部スラスターはナハト専用のパーツです。

肩のスパイクはトゲトゲ増し。スラスターはより機動力を意識した形状に

なっております。

また、太もも部分にもアーマーがついているのがナハトの特徴です。

 

5.左横

左横の最大の特徴である腕の三連ガトリング砲ですが

通常時の籠手の下に収納された状態もパーツ組み換えによる

再現が可能です。

 

6.俺たちの戦いは続く

二回にわたり、ガンプラくらべと銘打ってつづってみました。

イフリートシリーズ。

くらべてわかったのは、やはりシリーズの最後にリリースされた

初代イフリートのデザインが秀逸だったため、ピカレスクヒーロー的で

西洋の騎士のイフリート改と和風忍者のイフリートナハトが誕生したのだなと。

初代を中央に置くとしっくりくるこの三機。

もちろん、イフリートシリーズがプレミアムバンダイだけではなく



一般販売されているのも知っています。

イフリートシュナイド。

しっかり積んでいます。

ナハトも初代も各二機。

俺たちの戦い、イフリートの製作は続いていくのです。

確か設定だとイフリートは8機だけしか生産されていません。

狙ったわけではありませんが、ちょうど8機。

荒野の迅雷か鬼神専用か。白狼、真紅の稲妻、ザビ家用、オリジナルカラー…。

どれにするかはまだ決めておりません。

シュナイドはデフォルト準拠にします。

全機完成すればイフリートシリーズが

同系列でザクに次ぐ

我が家でのジオン軍機配備の多い機体になりそうな勢いです。

なるべく早く全機完成させたいところです。

気長にお待ち下さい。

 

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。