紅白戦開始! 新生!原巨人の戦い。




「いきなりやりましたか!」

キャンプ開始早々にはじまった紅白戦。

例年にない、若手選手の躍動に情報をチェックするのが楽しいです。

秋季キャンプ、最初の紅白戦をおこなった新生、原巨人に迫ってみましょう。

 

目次

1.自己責任紅白戦  2.和田恋  3.大江竜聖  4.立岡宗一郎

5.田原誠次  6.コーチ陣  7.今日は

 

1.自己責任紅白戦

キャンプ二日目にして早くも紅白戦をおこないましたが

その形式は異例の形式でした。

選手の振り分けと守備位置を首脳陣が決め、あとは選手同士でオーダー等を決める。

もちろん首脳陣からのサイン等の戦術指示もなし。

選手の自主性を重んじ、選手たちが状況に応じてプレーできるように考えさせる。

たしかに巨人の若手選手は試合の流れのなかでプレーするのが得意じゃない気が…。

ランナー進めたい場面でバント失敗、フライを打ち上げる、粘れず簡単に凡打。

攻めきれず、四球、同じ主力打者に滅多打ち…。

日本シリーズ進出チームとくらべると

悔しいかなチーム一丸で戦う姿勢で後れをとっているかと思います。

その現状を打破するための自己責任紅白戦とみました。

「伸び伸び野球」

明るく楽しそうな語感の奥に、深い思惑があるように感じます

 

2.和田恋

原巨人、最初のホームランを打った和田恋。

イースタンの本塁打王と打点王の二冠。

来年は岡本とクリーアップ、もしくは六番で存在感をだしてほしいです。

二軍とはいえ、結果を出したせいか、フォームがどっしりしてきました。

去年、岡本が二軍で四番を打ち続けて、今年ブレイクしたように

同じコースを歩んでいる和田恋には期待しかありません。

 

3.大江竜聖

高卒二年目の期待の左腕です。今年は不調でも話題にあがって秋季キャンプに

呼ばれているのは期待のあらわれでしょう。

この日も左腕エース格の田口と投げ合って3回1安打無失点の内容。

二年連続二桁勝利の実績をもつ田口をライバル視している姿も

若々しくて好感がもてます。

田口、今村、吉川光夫にこの大江。左腕の先発もそろってきました。

まだ十代ですからね。どんどん強気にいってほしいです。

 

4.立岡宗一郎

実はあきらめていましたよ。ここ何年かの成績がふるわず

チャンスをもらい続けていたのに結果が出ていなかったので。

でも紅白戦とはいえ、2安打連続タイムリー。

うん、ファームの投手相手ならとうぜんの結果ですよ。

立岡なら。

もっとできるでしょう。

紅白戦打率9割打って涼しい顔をするぐらいの気概でキャンプを

過ごしてほしいですね。

FA補強しなくていいかと思わせるぐらいの結果をだしてほしい。

戦力外の穴は飛び越えましたが、まだFA補償の壁がそびえています。

そこを乗り越えてほしい!

1~3番を打てる打者にそろそろ覚醒して下さい。

がんばれ!立岡宗一郎!!

 

5.田原誠次

29試合登板、2勝0敗、防御率2.56。

今年の成績です。なんで若手に混じって秋季キャンプなの?

とういうぐらいの見事な成績の田原。

若手の模範になるように呼ばれているのでしょう。

最終イニングでホームランを打った和田恋をはじめ

三人できっちり抑えています。

振り返れば田原。困ったときの田原。

となる使い勝手のよい、勝ち負けやイニングに関係なく

投げてくれる投手ですから重宝してほしく

活躍してほしい投手です。

今さらいうこともなく

毎年のようにコンディションに気をつけてほしいだけですね。

 

6.コーチ陣

宮本がメンタルコーチの資格をもっていることをはじめて知りました。

なるほど、そうきくとキャラクターに信頼性が増してきます。

そして、元木のキャンプ本格合流。さっそく檄を飛ばしているようで

チームが活性化しているのがわかります。

兄貴分キャラの熱血指導を増々続けてほしいですね。

 

7.三日目は

今回はキャンプ二日目をクローズアップしてみましたが

三日目は誰がアピールしてくれるのでしょう。

ワクワクしながら細目にキャンプ情報をチェックしたいと思います。

今日も鍛錬だ!巨人!

アピール楽しみにしているぞ!ジャイアンツ!!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲーム、パワプロ、ガンダム、ガンプラ、アニメ、プロ野球、巨人、B’z好きのおじさんです。のんびり楽しんでいって下さい。