秋季練習開始 新生!原巨人




「いよいよはじまった!来季が楽しみ!!」

新生、原巨人の秋季練習がはじまりました!

世間では日本シリーズで盛り上がっているみたいですが

自分のひいきチームがででいない日本シリーズほど

興味がわかないものはありませんよね。

たしかにダイジェストでみる広島とホークスの戦いはレベルが高いとは

思いますが。観戦する気にはちょっと…といったところでしょうか。

早くも来シーズンが待ち遠しい期待がふくらむ巨人の秋季練習スタートです。

目次

1.原監督の訓示  2.中井大介  3.上原浩治  4.秋季練習スタート

5.シーズンが終わっても

 

1.原監督の訓示

「最初に目指す港はセントラル・リーグ制覇」と訓示した原監督。

3?4?年、優勝から遠ざかっていますからね。来年こそは覇権を奪還してほしいです。

坂本、長野、陽岱鋼にチームの先導役をつとめるように話したそうですが

坂本は別として、長野と陽、まだ控えにまわるには早いですし、二人が不調でもスタメンや

一軍にいるのも問題なので、若手の突き上げに期待したいです。

 

2.中井大介

とうとうきたか…戦力外の一報をきいたときの感想です。

今年も70試合に出場して打率は2割にみたないと…。

守備固めも多かったとはいえ、せめて2割5分ぐらい打ってくれていれば…。

現役続行を希望とのこと。

内外野をどこでも守れるので、あとは打撃なのです。

トライアウトやテストで上手くアピールしてほしい。

シーズン中、さんざん叩いたファンも戦力外の一報からは応援する声に

変わりました。やはりそれだけ期待されて愛されていた選手なのです。

移籍して覚醒した大田泰示のように巨人戦以外で大活躍できる選手になって

「巨人にいたときに打てよ~」と嘆かせて下さい。応援してます。

 

3.上原浩治

こちらは驚きました。たしかに膝を手術した影響もあるかと思いますが

まさか自由契約とは。来年の2月までには治して、2019年はキャンプから

投手陣の支えになってくれるものと思っていましたから。

様々な憶測が飛び交っていますが、来年のキャンプ前に巨人と再契約。

11番のユニフォームで宮崎のグランドにいてくれるのが一番の希望です。

まずは早く膝を完治させてほしいものです。復帰をまっています。

 

4.秋季練習スタート

練習がスタートし、選手と積極的にコミュニケーションをとる原監督やコーチ陣。

監督、澤村とはどんな会話をしたのでしょうか気になります。

澤村の抑え転向を決断したのは原監督ですから、再生案もしっかりあるのでしょうか。

ファン的にもう一度先発復帰を進めたい。

そして投手陣。宮本と水野。動と静のいいコンビになりそうな投手コーチ。

宮本が田口と会話しているのをみて、左腕同士だと胸が熱くなりました。

宮國を覚醒させたい意向もいいですね。フォーム等の技術的な面ももちろんですが

起用法を固定してあげたいですね。

菅野に次ぐ先発の柱になってほしいと願っていますが、セットアッパーと抑えもあり

だな~とどこでも固定できるいい投手ですから。

 

5.シーズンが終わっても

秋季練習だけで期待が高まる新生巨人。打者では石川慎吾が監督と談笑する写真がありましたが

外野手の若手で和田恋、松原とファンからもっとも期待されている選手ですから

使ってほしいですね。

11月におこなわれるメジャーとの試合にどれだけ若手選手で出場できるのか?

はじまって2日しかたっていない秋季練習の情報を集めるのが楽しくて仕方がない。

シーズンが終わっても巨人から目が離せません。

秋季練習もがんばれ、巨人!

期待しているぞ、ジャイアンツ!!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です