いい結果だったのでは ドラフト会議 巨人 




「はい、外れ。巨人、今年もくじ運悪い」

と、嘆いて出かけたもののドラフトの全結果をみた感想は。

「あれ、いい結果だったのでは」と思いました。

当たらないで欲しかった予想通りに二回も外したものの

結果的によかったと思える

巨人の2018年のドラフト会議の結果について。

目次

1.結果  2.やっぱりね  3.背番号47?

4.未来の 5.育てなければ 6.ようこそ

 

1.結果

巨人が獲得した選手とポジションです。

一位 高橋優貴(左投手) 二位 増田陸(内野手) 三位 直江大輔(右投手)

四位 横川凱(左投手) 五位 松井義弥(内野手) 六位 戸郷翔征(右投手)

 

育成 一位 山下航汰(外野手) 二位 平井快晴(右投手) 三位 沼田翔平(右投手)

四位 黒田響生(内野手)

 

2.やっぱりね

一位指名で二回、くじ外す。今回は引くときには当たりくじはなかったみたいですが。

よく、原監督本人も、松井も、坂本(こちらは外れですが)も一位で

巨人に入ってくれたものです。

縁がなかった二人の選手には巨人戦以外で活躍してもらい、縁があった選手たちには

巨人で活躍できるように頑張ってもらいましょう!

 

3.背番号47?

唯一の大学生、即戦力候補の左腕、高橋優貴投手。

最速152キロの速球と左投手の決め球スクリューボール

スライダーを武器にリーグ戦の奪三振記録301をマーク。

左の先発候補として即戦力の期待がかかってますね。

メルセデスは外国人枠競争、田口が今年こけましたし、今村もこれからですから

左の先発陣に更なる刺激をあたえそうです。

そして中川、池田、戸根もそろそろアピールしないと席がなくなりそうな。

若手左投手の競争が面白くなりそうです。

背番号は左投手のエースナンバー47でしょうか?

活躍が楽しみです。

 

4.未来の

二位の増田は将来の遊撃手候補。

三位の直江、四位の横川、六位の戸郷は成長が期待の投手。

五位の松井は長打力が魅力の野手。

個人的に六位の戸郷が気になります。

世間的に有名になったのが甲子園組主体の侍ジャパンとの試合で

宮崎選抜の投手として好投してからですよね。

スカウト的には前からマークしていたはずなので、それを六位で

とれたのはよかったのではないでしょうか。

2位からは全員、高校生。育成も掘り出し物の逸材が多そう。

育成に力をいれて未来の巨人をつくるドラフトにしたのでしょう。

 

5.育てなければ

即戦力の大学生、社会人の投手をとればとも自分も思いましたが

現有戦力の若手も育てましょう。

投手では期待の即戦力として獲得した桜井や鍬原がまだまだですし

左の投手陣も火がついたことでしょう。

野手は坂本もまだ遊撃手ですし、せっかく田中俊太や吉川直輝が頭角をあらわし

はじめましたから、まずはこの二人から。山本もいます。

外野手はベテランの長野、陽、亀井。再起のゲレーロ、岡本の場合もあり

和田恋、松原聖弥、重信、石川慎吾と育ってほしい選手がたくさんいます。

橋本到と立岡もしっかり!

ドラフトは今回ぐらいがちょうどよいのではないかと思っています。

 

6.ようこそ

ようこそジャイアンツへ。ようこそ巨人軍へ。

未来の中心選手たちを歓迎します。まだ決定ではありませんが。

色々と注目され、巨大戦力のなか、苦労するかも知れませんが

ケガなく成長して早く一軍で活躍し

毎年優勝する強い巨人のレギュラーになって下さい。

そうすればパワプロシリーズにも出るようになって

操作してもっと愛着が湧いてくることでしょう。

ようこそ、ヤングジャイアンツ!

がんばれ、若手巨人の星!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です