崖っぷち 由伸巨人 最後の戦い クライマックスシリーズ ファイナルステージ 第2戦




うわっ、崖っぷちに追い込まれた!

ここからここから。まず3戦目を勝とう!

二戦目の結果を知ったとき、天を仰ぎましたが

すぐさま切り替えて第3戦の観戦に備えました。

試合結果や情報などを自分なりに分析したいと思います。

目次

1.試合結果 2.田口麗斗 3.畠世周

4.岡本和真 5.高橋由伸 6。まだだ!まだ終わらんよ!

1.試合結果

初戦を落とし、アドバンテージもふくめ2敗とされた由伸巨人。

勝利を託されたのは復活を期す左腕エースの田口。

期待に応え、6回無失点の好投。

マギーのタイムリーで先制し、逃げ切りをはかったが

二番手の畠が逆転を許し、打線も最終回にチャンスをつくるが

およばず敗戦。3敗となり、あとがない、崖っぷちに追い込まれた。

2.田口麗斗

今年は菅野と二人で貯金30ぐらいは期待していたのですが

不調で満足のいくシーズンは送れませんでしたね。

でもこの大一番で広島を無失点に抑えてくれたのは来季に

向けての希望になったのではないでしょうか。

田口はコントロールで大胆に勝負してくれないと。

今シーズンの不調を糧にして来季に期待です。

3.畠世周

今シーズン、二桁を計算していた投手でしたがケガで後半に復帰。

畠の中継ぎ、いいと思います。連投がきくなら抑えもいいのではと

思う投手です。危険球で退場した翌日にいきなり内角のストレートを

投げる度胸がありますからね。温和の外見からは想像がつかない負けん気の

強さは好きです。

打たれた場面、同点は打った打者が上手だったと切り替えていれば

逆転スリーランは防げたかもなと。

同点後に動揺してピンチをつくり、甘くはいったのは若さでしょうか。

この経験を大事にして飛躍をしてほしい投手です。

4.岡本和真

いまだヒットなし。

逆シリーズ男になってしまっていますが、四番が打てば大逆転劇も

起こせるはず。

今年、最後の試練を乗りこえて、真の四番に成長を期待です。

まずは一本。

ホームランだったら最高です。

5.高橋由伸

畠の継投は仕方ないですね。前夜に上原、澤村が打たれていましたから。

勝ちパターンで繋ぐのは当然ですよね。

畠も2イニング目ツーアウトまではよかったのですから。

3戦目で終わりにして欲しくないので思い切った采配を期待します。

6.まだだ!まだ!終わらんよ!!

このブログをかいているのが第3戦、開始30分前。

菅野、田口、メルセデスはベンチ外。オーダーもいつも通り。

崖っぷちにありながら落ち着いて戦う。

オーダーには坂本や阿部、長野の名前があります。

歴戦の男たちです。

このまま易々と広島の軍門に降るはずがありません。

先発は成長著しい今村。

いつもの爽快な投球をしてくれれば、広島強力打線を抑えられるはず。

リリーフ陣は何とか最少失点で切り抜ける。

打線は点を取られたら何点でも取り返す!

王者・広島相手に1-0はありえず、とったら取り返すの打撃戦しかありません。

由伸巨人の今年のスローガン

「奮輝」

今こそみせるときです。

まだだ!まだ!終わらんよ!!

ゲーム差17ぐらいあったところを

たった4連勝でひっくり返せるのです。

こう考えるとピンチはチャンスな気がしてきませんか?

崖っぷちからの4連勝にむけて

いよいよ由伸巨人の大一番。

まずはひとつ!勝ちましょう!!

がんばれ、巨人!!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。