ファーストステージ突破!巨人、下克上日本一へ!!




いざ広島へ!

クライマックスシリーズ2018 ファーストステージ第二戦!!

高橋由伸監督率いる巨人、下克上日本一へ、運命の戦いがはじまります。

目次

1.試合経過 2.長野久義 3.マギー

4.亀井善行 5.小林誠司 6.菅野智之 7.あとがき

 

1.試合経過

第一戦、投打が噛み合い、みごとに勝利をおさめ、ファーストステージ突破に

王手をかけた巨人。第二戦の先発はエース菅野。

試合は長野とマギーの二本のソロ。亀井のツーランで四点を奪い、投げては菅野が

七回ツーアウトまで一人のランナーも許さない圧巻の投球で完封勝利。

準完全試合でファーストステージ突破を決めた。

2.長野久義

願いが通じたのか、連夜の活躍をしてくてた長野。

初回完璧の立ち上がりを見せたヤクルト先発、原樹里の出鼻をたたく

先制ソロホームラン。

本来の力をみせはじめてくれた貴重な一発でした。

広島でも頼みます。

3.マギー

THE優良外国人助っ人(笑)。チームのためなら定位置外のセカンドまで守ってくれます。

春先とは別人かと思うぐらいシーズン中盤から打ちまくってくれました。

一打席目で惜しいあたりがあったのでいけるかな?と思っていたらしっかり打ってくれて

2点目でかなり楽に試合をみることができました。

4.亀井善行

この試合のダメ押しともいえるツーランホームラン。

打った瞬間に「あ!!」と声を出してしまいました。

さすがは亀様。

先のブログで厳しめのコメントごめんなさい(長野も)。

5.小林誠司

今年は世間の風当たりが一番強かった選手かと思います。

正捕手ゆえに敗北の責任の大部分を背負わされた気がします。

ただ最近少しだけ思うのですが、スタメンを譲っていた時期、実はケガしていたのではと。

由伸巨人、選手のコンディションについては非公開でしたから

情報統制のために小林にきつく当たってスタメンを外す体をつくったのかなと。

まあ、もち上げすぎですかね(笑)。

自分は捕手は守り重視でバッティングはバント成功とチャンスで

打てばいいと思っているタイプですので、小林の打撃成績には大目にみますが。

でもいい当たりのファールやセフティバントなど、余裕がありそうなので

ファイナルステージに期待しましょう。

今日のリードは楽しかったことでしょう。今シーズン2回目。

これも偉業ではないでしょうか。

 

広島打倒に小林の守備は必要です。

攻撃で意外性の一撃を!

6.菅野智之

本日の主役。

圧巻。

エースと呼ぶにふさわしい投手。

クライマックスシリーズでノーヒットノーラン。

おそれいりました。

辛口の解説者お二人も絶賛の投球でした。

相手の主力を手玉にとる投球、凄いとしかいえません。

ゲームセットで抱き合うスガコバのバッテリーは絵になります。

小林には菅野以外の投手とも抱き合うような試合をあと8試合はしてもらいたいですな。

個人的に菅野には来年、18番を背負ってもらえないかなと(前にも書いたかもしれませんが)。

エースナンバーを背負うのに誰も文句をいわないと思うのですが。

19番が定着してますからそれでもよいのですが。

広島とのファイナルステージでもエースの快投を期待しましょう!

あとがき

ファイナルステージをみごと突破。

相手は7勝17敗と優勝を逃した第一の原因、広島。

完全なアウェー。チーム、ファン、球場一体で襲いかかってくる広島東洋カープ。

下克上日本一へ、由伸巨人の伝説をつくるには、もってこいのラスボスではありませんか。

ファーストステージの由伸巨人とファンの一体感とて広島に劣るものではありません。

今シーズン、なかったかもしれない大一番。

由伸巨人、最後の戦い、第2幕。

思う存分、楽しんで勝ってほしい!

頑張れ、巨人!頑張れ、ジャイアンツ!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です