ガンダムの敵はガンダム ガンブレ3 




ガンダムファイト??

レディーゴー!っと、機動武闘伝Gガンダムのようにはじめてみました。

ガンダムブレイカー3のプレイブログ&動画、第16話です。

前回、ラクロアを解放?して、無事にロボ太の新機体を手にいれた彩渡商店ガンプラチーム。

今回のミッションは、フルアーマーナイトガンダムの力を試すミッションともいえましょうか。

それではミッションスタートです!

GPー01

ミッションの舞台は荒廃したコロニーの中でしょうか。

まず最初のエリアではジムコマンドやジムカスタム、そしてガンダムGP-01の重力下仕様が。

降りそそぐビームの雨。音からガンダムだろうと思いましたが、GP-01が量産機のように

出現してくるとは。

ジムコマンドもカタログスペックだとガンダムと同性能ですからガンダムだらけに囲まれて

いるといっても過言ではない状況です(笑)。

今回も回復アイテムを大量に使いそうな予感が。

ウイングよ、おまえもか!

どうにかGP-01とジムコマンドの部隊を撃退していくと

ウイングガンダム(EW版)が登場。

EW=エンドレスワルツ版のウイングは最近、発表されたというイメージがあるので

驚いていたら、このウイングも量産機のように数多く出現。

多方向から放たれるバスターライフルの光。

ちょっとしたガンダムホラーですよ(笑)。

オズの兵士たちはこんな機体と戦っているのかと恐怖の追体験をさせてもらいました(笑)

それでも倒して前に進みます。

祝発売

ガンダムブレイカー3の発売当時には発売されていなかった

ジョニーライデン専用高機動型ゲルググ。

ゲームではしっかり高機動型、Bタイプのバックパックに改修されて登場。

今月、満を持してプレミアムバンダイより発売されました!

我が軍(家)にも10月に三機、納入予定です(笑)。

GP-01Fb

重力下仕様がでてきたらやはりでますよね。

GP-01Fb。

ガンダムフルバーニアン。

またの名をゼフィランサス。

この機体も量産機として登場。

早い強いと悪戦苦闘して退けると今度はオリジナル機体のエリアボスが。

SEED系

アストレイレッドフレームがベースのオリジナル機体です。

さらにその先であらわれたのがこの機体。

こちらの機体はNPCキャラの他チームの機体です。

バスターソードに隠れている一機はガーベラテトラがベースのようです。

ストライクルージュがベースのガンダムでしょうか。

戦いながら先のレッドフレームともにカッコイイなぁと思いながら

SEEDシリーズはアニメにはハマっていましたが

当時の忙しさ等で買えてなかったなぁと。

もったいないことをしました。

じゃあ、いま買えばいいのでは?とも思いますが

いまはHGUC(一年戦争期)、MSD、オリジン、プレミアムバンダイの

積みプラで手がまわらない状態ですね。

こつこつ購入&製作が基本ですが、なかなかできないものです(笑)

話しをもどして、いよいよ最終エリアです。

GP-02

フルバーニアンが輪をかけて大量にあらわれる最終エリア。

こちらもやはりでてきました。

ガンダムGP-02 サイサリス。

旧キットでは肩のスラスター部分を下手なりに加工して

どうにか飛行状態を再現したものです(笑)。

ちなみにFbのほうは重力下仕様のパーツがほとんど付属でコンパチでした。

HGUCをすでに入手しているのにそんなことを思い出すのは

やはりオールドタイプなのでしょうか(笑)。

攻撃が通らない装甲の厚さに難儀し、またアトミックバズーカを撃たれたら

マズイとも思い、覚醒などの持てる力を出しきって撃破です!

まさに

ガンダムファイト?と思うぐらいガンダムタイプと戦ったミッションでした。

ガンダムタイプが大量にでてくると疲れますね(笑)。

それでは最後にプレイ動画です。

ミッションにガンダムタイプが量産機状態で出現するようになったので

ロボ太に負けじと、ダブルオーデュナメスライザーもパワーアップせねばと

思う今日この頃です。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。