戦場に舞う妖精 ガンダムピクシー ガンプラ HG 1/144 




ガンプラ初回

引っ越し初のガンプラはプレミアムバンダイより発売されたHG 1/144 ガンダムピクシーです。

まさかというか、ついにというか。

バンダイさんの最近の商品化については感謝しかありません。あまりの嬉しさに3機買いしました。

 

ガンダムピクシーといえば

スーパーファミコンの機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079で本編の第一部を

クリアすると二部の外伝をプレイすることができ、その二部のシナリオの主役機が

このRX-78XX ガンダムピクシーですね。

ちなみにこのゲーム、プレイしましたが第一部の途中でフェイドアウト。

攻略本を読んで満足しました(笑)。

幻の専用機…

機動戦士ガンダムの主役であるアムロ=レイの搭乗機になるはずだったガンダムピクシー。

地上と格闘戦に特化したこの機体。

武装は頭部バルガン、サブマシンガン×2、ビームダガー×2と

いかにも近接での戦いを想定したものとなっております。

ゲームをひさしぶりに

先ほど紹介した機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079はシミュレーションゲームなのですが

近年アクションゲームにリメイクされました。

ほかのガンダム外伝作品も収録された機動戦士ガンダム サイドストーリーズという作品です。

今回のブログを書くまえにどんなエピソードだったかを確かめるためにプレイしてみました。

シナリオはガンダムピクシーと戦う側のジオン軍を担当してガンダムピクシーを相手に戦うのですが

ガンダムピクシー強すぎ(笑)。

さすが地上格闘戦仕様。動きがはやい。

距離をとろうとするとすぐにつめてきます。

あっという間に撃破されました(笑)。

Gジェネジェネシス

プレイステーション4他で発売されたガンダム世界を追体験できるシミュレーションゲーム

SDガンダム ジージェネレーションジェネシスのシナリオですと詳しくエピソードを知ることが

できます。

ジオン軍がガンダムピクシーの強奪もしくは撃墜の目的で連邦の基地を襲撃するのですが

基地の司令である士官がブラックで(笑)。兵士たちを捨て駒にして自分とピクシーだけは

守ろうとします。

ガンダムピクシーをアムロがいるホワイトベースに運ばせるのが任務なわけなのですが

ジオン軍の猛攻で基地が壊滅必至でもガンダムピクシーの実戦投入を渋ります。

まぁ、業を煮やしたボルグ大尉(名前あってますか?)がガンダムピクシーを動かし

ジオン軍と激闘する展開です。

大人たちの熱い戦いのお話しなので、興味のある方はプレイしてみて下さい。

工程

さて工程編です。まずは洗剤で洗い、乾燥後、色分けするパーツと同じ色ですむパーツを

組み立てていきます。

この段階で組み立てるのは関節部分や武器は多いです。

次にサーフェイサーを吹きます。自分はベースホワイトをつかってます。

そして色塗りです。調色はせず、デフォルトカラーに近いカラーを選んで塗装します。

今回、つかったカラーです。

白部分→ホワイト。

胴体、腕等の青部分→コバルトブルー。

黄部分→イエロー。

上腕、太もも等の紫部分→パープル。

額、腹、足→シャインレッド。

関節、手、武器→グレー。

以上です。

Mr.リニアコンプレッサープチコン/エアブラシセットをつかって塗装します。

やっちまいました

塗装後はガンダムマーカーですみ入れし、トップコートを吹きましたが

やっちまいました。

一部、白くなってしまいました。

塗装する際の工房は使用前のお風呂場なのですが、どうやらまだ湿気が残っていたようです。

次からは気をつけたいと思います。

次回作は

ガンダムピクシーの宿敵ともいえるイフリートを製作したいと思います。

前ブログでもやっていたのですが、過去作もつかってジオラマ風の撮影をして

ちょっとしたショートストーリーをかいていたのですが

ガンダムピクシーではイフリートが完成した際にかこうとおもいます。

そちらも気長にお待ちいただけたら。

やっと

ガンプラ編の記事をかけました!

最初はやはり新作をと思っていたのでホッとしております。

過去に作ったものも紹介していけたらと思います。

これぐらいなら自分でもできると思ってもらえれば幸いです。

自分の作ったガンプラは子供のようなもので

完成すれば自分の作ったガンプラが世界で一番、愛しく思えるものであります。

ぜひ、みなさんもガンプラの世界へハマってください(笑)。

今回、撮影した写真をまとめてみました。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。