ガンダムブレイカー3 第14話「対決!Tran-sam VS NT-D&EXAM




新章突入

ガンダムブレイカー3、プレイ動画の第14話です。

前回、見事、リージョンカップ決勝を制した彩渡商店街ガンプラチーム。

次の大会に備えて、今日もガンプラバトルスタートです。

色々と

間違えています(笑)。

ミッション名、コンバットではありませんね。コバルト?ですか(無教養でお恥ずかしい)。

サンドロックをシュピーゲルと呼んだりと、ガンダム好きを疑いたくなるミスをしています。

温かい目でご容赦下さい。

デカい!

さて気を取り直しまして、ダブルオーデュナメスライザー出撃です。

ミッションのマップは荒野でしょうか。

敵MSはジェガンにシュピ…サンドロックです。

同じ二刀流として負けてはいられないと、薙ぎ払っているとローゼンズールが登場。

デカい!確かローゼンズールのMGや1/100は出ていないはずなので、1/144のHGのはず。

ダブルオーライザーより二倍近くあります。それが複数。

ローゼンズールの専用武装、サイコジャマー(あってますよね)をつかってきますが

残念、サイコミュ兵器は装備していないので、その脅威がいまいちわかりません。

それでもやはり、劇中のユニコーン同様、苦しめられます。

チャプター3ともなるとミッションの序盤で回復アイテムを使う事態が多くなります。

それでも押し通り、次のエリアではヘビーアームズが。

動画中ではカトルといっていますがトロワですよね……泣いているのか。初歩的な間違いで。

ベースジャバーにのって空からの攻撃にてこづりはしたものの、それぐらいで後れをとる

彩渡商店街ガンプラチームではありません。撃破して、先にすすみます。

Tran-sam VS NT-D

荒野、都市部ときて基地内。

シェンロンガンダム、リックディアスと激闘を続けると出現した敵の新手が

何とユニコーンガンダム!しかもこちらも複数!

覚醒前のユニコーンモードでも高性能で恐るべき敵なので

こちらの奥の手、Tran-samを発動します。

一定期間、自機の性能を上げるこのシステムですが

相手もやはり起動してきました。

NT-D、ニュータイプデストロイヤーシステム。

赤く発光しているので暴走モードです。数機そろって。

余裕があればサムネイルのように「俺が、俺たちが!ガンダムだ!!」

などといいながら叩ききるところですが、NT-D発動のユニコーンガンダム数機相手では

その余裕もなく、懸命に戦います(笑)。

なんとか全機撃破したところで出現したのが、このMSです。

EXAM

ガンダム ブルーディスティニー3号機。

EXAMと呼ばれるユニットを装備し、ニュータイプの駆る機体と会敵すると

そのEXAMを発動させ、機体の性能を上昇させ、ニュータイプをたおすまで

脅威的な戦いを繰り広げる機体…。

………EXAMは元はジオンの技術ですけど、NT-D同様、それをためらいなく自軍のフラッグマシンたる

ガンダムに搭載する連邦軍、闇が深い。

そんな戦争を激化させるような機体、このダブルオーデュナメスライザーが駆逐する!

とばかりに、一掃し、さらにすすむと、他のNPCキャラクターの機体が出現します。

赤い方は、ジンクスとデナンゾン他のミキシング。

白い方はガーベラテトラがベースでしょうか。

ここで他のチームに負けていては次の大会に不安ができるというもの。

まとめて叩ききり、エリア最深部へ。

ウイングシリーズ

ここまで、サンドロック、ヘビーアームズ、シェンロンと新機動戦記ガンダムWのガンダムが

出てきたので、次はウイングがデスサイズヘルだろうと思っていたところ

ウイングとボスでトールギスが出てきました。

ガンダムWシリーズのMSの頂点で始祖の存在ですからね。

ガンダムWのMSがメインのミッションボスにはふさわしい機体でしょう。

ドーバーガンに注意して間合いをとり激闘の末にたおし、ミッションクリアです。

回復アイテムの使用量、過去最高レベルでした。

一家に一機

ロボ太ほしいな~。プラモ一緒に作ってくれるロボットいいですね。

そこへチームエンジニアのカドマツさんが現れ、再びガンプラバトルのできるゲーセンへ。

イラト婆さん、アコギなことをしています(笑)。

カドマツさんよりミッション指示が。

どうやら次はボス戦のようです。

どんなガンプラが相手なのでしょうか?

次回をお楽しみに!

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。