逆襲のヤング巨人 パワプロ2018 巨人 ペナント編 第41節 対ヤクルト 第3戦




4年連続か…

はじめにリアルの巨人のお話し。4年連続で優勝を逃してしまいました。

ホントに悔しい。首位打者争いをする坂本。3割30本100打点を狙える四番岡本。

防御率1位の菅野。3割近く20本塁打を打つ助っ人マギー。

なんでこんないい成績を残している選手たちがいて、優勝できなのか。

ケガ人が多いのも理解できますが、ここ何年かの8月後半~9月頃の失速も寂しい限りです。

せめてCSの出場をめざして、ひとつでも多く勝ってほしい!

こうなったら下克上です!日本一を奪い取りましょう!

さて、切り替えましょう。

逆襲のヤング巨人 実況パワフルプロ野球2018 巨人 ペナント編 対ヤクルト 第3戦です。

来年こそ

このスタメンでということで。

アップデートされて松原も加入しましたが、そちらはセカンドシーズンで(笑)。

投手の入れ替えをおこないました。

前回、炎上した宮國がスランプになり、打ちこまれた藤田もスタミナがなくなって

しまったので、澤村と戸根を一軍へ。

澤村、打ちこまれて防御率10点台ですが、スランプにはなりませんね。

打たれ強いのはさすがなのでしょうか(笑)。

先発は田口

能力は高いのになぜか勝てなかった田口(そんなところはリアルをまねてほしくはなかったのですが)。

ここ何試合かはよかったのでローテーションに復帰させています。

ストライクゾーンで勝負しすぎているかと分析して、ストライクゾーンからボールに落ちる感じで

変化球を投げるようになったら勝てるようになりました。

このあたりはリアルと通じるものがありますね(笑)。

ランナーを出したものの無得点に抑え、上々の立ち上がりをみせました。

打線機能!

初回の攻撃。先頭の吉川直輝が出塁。重信がフライで送れず(笑)。

三番、田中の打席で、吉川が盗塁。チームの盗塁47のうち、吉川直輝で30以上走っています。

田中のタイムリーツーベースで先制。

四番、岡本がヒットで繋ぎ、五番、石川がタイムリー。

初回に2点先制です。

打線機能その2

続いて二回裏。

八番、小林が出塁。九番、田口でヒットエンドラン成功。

一、三塁で一番の吉川がレフトへ犠牲フライ。

下位打線からの理想的な点の取り方(笑)。

若手野手陣がよい攻撃を見せました。

さて、若手でありながら実績もある先発の田口はというと…。

六回2失点でした。まぁ、良いでしょう(笑)。

繋がる繋がる。

一点差に迫られた六回。

再び下位打線で得点。

小林、センターオーバーのツーベース!(リアルでも頼む!)

そして上位にかえって吉川直輝のタイムリー内野安打。

ホームランなしで5点はめずらしい(笑)。

勝ちパターン

勝ちパターンの継投にはいります。

七回は田原。防御率、よくないですが、これでもよくなってきたのです。

田口と同様、変化球をボール気味に投げて振らせる配球でよくなりました。

この七回を投げる投手を固定するのには時間がかかりました。

澤村やカミネロ、吉川光夫で何度、炎上したことか(笑)。

1点をとられたものの抑えた田原。

八回はこの投手。

上原

上原です。上原も打ちこまれた時期がありましたが、やはりボール球を

振らせることで調子がよくなりました。

でもこの試合ではピンチをつくりましたが、救ったのはこのプレー。

田中のファインプレーでスリーアウトチェンジ。

上原でイニングが終わるといえばハイタッチ。

ゲームでも再現??されてました(笑)。

守護神マシソン

最終回は絶対守護神マシソンです。

チーム防御率5点台のなかでこの安定感。

守護神の名にふさわしい存在です。

この日もゼロで抑えて勝利!

カード勝ち越しです。

田口も五割ですね。

これもいいかも

若手で打線が繋がってよい勝ち方ができました。

CSもこの打線でいこうかなと思うぐらいでした。

最新アップデートもきましたが、巨人のデータは下がっているような(笑)。

データ更新は慎重にやりたいと思います(笑)。

最後に今回のプレイ動画です。

よかったらチャンネル登録をお願いします。

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございます。

次回もよろしければ、ぜひ。

それでは。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

MyUC 私の宇宙世紀というコンセプトのもと、ガンプラを色々なカラーリングで製作しています。皆さんのカラーリングや部隊編成の参考になれば幸いです。不定期でゲームや巨人などの雑記もかきます。